ウェルカム・ザ・ストレンジャー(原題)の作品情報・感想・評価

「ウェルカム・ザ・ストレンジャー(原題)」に投稿された感想・評価

filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【記録】
ゆみな

ゆみなの感想・評価

4.2
理解不能がクセになる…全てが奇妙な夢みたいだ


こんな点数普通だったらつけないと思うんですけど、思いがけず好きになってしまいまして。でも、オススメはしません…ビックリするくらいよくわからない映画なんですよね。だから、海外でも評価めちゃめちゃ低いし…万人受けはしないタイプの映画です。

主要人物3人しか出てこなくて、しかもイーサン(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)の住む屋敷近辺でしか物語は進まない。突然訪ねてきた妹アリス(アビー・リー・カーショウ)と、イーサンの恋人ミスティ(ライリー・キーオ)、3人共みんな掴みどころがないんですよ。


兄妹は昔は隠し事なんてしない仲で、でも母親と妹の確執により音信不通になったのか?アリス曰く母親は海に消えていった(死んだ)と言うけれど、イーサンは生きていると思っている?イーサンが描いている絵は彼の作り出す世界なのか…それとも異界からの入口を描かされているのか?アリスは夢を見ているのか…それとも夢遊病で現実に起きていることなのか?迷い込んだ金色の虫の存在…どこに消えた?アリスは本当に妊娠していたのか…本当なら誰の子?ミスティは実は母親で、イーサンを連れ去るために違う姿で近付いてきたのかも?

自分メモとして記しておいたけど、数え切れないほどの疑問がありまして。勝手な想像だと、アリスと母親はイーサンに異常に執着していて異世界に奪い去ろうとしている…でもイーサンはどちらも選べない。幾度となく繰り返されていることであり、イーサンはこの世界から出ることができない。うーん…ほんとに理解不能。理解不能すぎて3日連続3回も観ちゃったけどマジでわからない。

わからなかったけど、とにかくケイレブくんは素敵でね!久々に肩から背中…腕にかけてのそばかす全開でしたし、肌の露出が物凄く多くて!しかも女のおっぱい揉んでたし…後ろ姿ながらに自慰シーンがあるのも嬉しかったり。自慰シーンある映画大好物だからね。マジで好き。クライマックスのめっちゃ惑わされながらのSEXシーンの抗えない苦悩を映した表情にやられまして!あの目はヤバい…涙が溢れてくるとこ最高!ケイレブくんが好きなら観るべきかと!

で、ビックリしたのがアビー・リー・カーショウなんですよ。彼女ほんとに今回凄くて!なんか人間離れしているんですよね…存在自体が。イーサンの自慰目撃して自分も欲情しちゃうとことか、ポータルに立ちションするとことか、赤いワンピースきて踊るとことか全部良かった!あとクライマックスの『やって…やって…やって…やって……』ってイーサン追い詰めていくところは、彼女のパワーが集約されていて……抗えるわけないじゃん……って思いました。あれズルいわぁ。

全編に漂う物悲しさも堪らなくて。あの屋敷の雰囲気…流れるピアノの旋律…思いがけず自分も異世界にトリップしたような感覚に陥る。そしてラストシーンのエンドレスに続くであろう抜け出せない世界。イーサンの表情は必見。