トマト

レディ・ガイのトマトのレビュー・感想・評価

レディ・ガイ(2016年製作の映画)
4.0
シガニー・ウィーバーの貫禄勝ち。

シガニー・ウィーバー演じるジェーン医師の目的は、フランクへの復讐よりも自らの研究仮説の証明に重きがあった。

ミシェル・ロドリゲス演じるフランク・キッチンの目的は、自身の変換手術に関わった者たちへの復讐。

面白いと思ったのは、ジェーンもフランクも『自らの身に起きたことを語ることによって、以後、事実を探す者たちの為に"記録映像"を残す』という点が共通していたこと。
それぞれが、それぞれの視点で語ることによって、"全貌"が浮き彫りにされていく過程は観ていてゾクゾクした。

フランクが痕跡を残さずに姿を消す直前、ジェーンに行った復讐が明らかになるラストショットに驚愕。少なからず衝撃的。

ジャケット写真もキャッチコピーも"伏線"になっているのが面白い。