グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告の作品情報・感想・評価 - 26ページ目

「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」に投稿された感想・評価

やられたら、やり返せ!💥

ロバート・デ・ニーロ主演最新作🪖
『TENET テネット』を抑えて全米初登場No.1大ヒットの観客絶賛&抱腹絶倒コメディ!!

【感想】
爺さんと孫による部屋とプライドをかけた全面戦争勃発!ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、ユマ・サーマンら豪華キャストによる、あまりにもくだらない戦いに抱腹絶倒!時に垣間見える2人の家族愛にはジーンと心が温まりました...お爺ちゃんに会いたくなる2021年最強のコメデイです!

【スキップおすすめポイント】

①予測不能!あの手この手を使った爺VS孫の全面戦争!

孫のピーターが最初に仕掛けたのは、「シェービングフォームと石灰を入れ替える」
というもの。スプレーの正体を知らないお爺ちゃんは顔が固まり絶叫!これにより開戦したピーターVS孫の攻撃に負けじと悪知恵を使い攻撃を繰り出すお爺ちゃんの全面戦争をお楽しみに!

②豪華キャストによる抱腹絶倒のかけ合い!

本作の見所の一つは何と言っても悪友エド&ジェリーを演じるロバート・デ・ニーロ
&クリストファー・ウォーケン!
台本の読み合わせでは、口を開くたびに笑いが起こるウォーケンにデ・ニーロが張り
合い、2人の名優によるヘビー級対決が勃発する場面もあったとか!😂
歳を重ねた“お爺ちゃん”にしかできないやり方で報復する2人に注目です!

【豆ちしき】

本作の製作総指揮は何と11歳の少年トレ・ピア—ト!
8歳の時に原作小説を読み、この本の映画化が観たい!と思ったものの、存在しな
かったことにショックを受けて映画プロデューサーの両親に映画化を提案したのだとか。映画化は(皆さんご存知の通り)無事決定、両親の意向でトレ君は製作過程すべてに関わり、最年少プロデューサーとしてギネスに認定される話も出ているのだとか!
何と、デ・ニーロのキャスティングを提案したのもトレ君です!😳

【宣伝の思い出】

いま話題の長州力さんとコラボレーション!長州さん、実は大のデ・ニーロファンなんです。

「この映画を観てみな、飛ぶぞ!」
天然炸裂のコラボ動画はこちらから↓
https://youtu.be/ehkipLfKH0Q
eigadays

eigadaysの感想・評価

3.0
ロバート・デ・ニーロの存在感の偉大さを感じる映画。

クリストファー・ウォーケン、チーチ・マリンと並んで歩くデ・ニーロの姿を見て、ここまで現役でよくやったと思わずにはいられません。

一緒にドッジボールまで披露してくれるのは嬉しい限り。

彼ら二人がスーツに身を固めて棺を見つめているショットで『ディア・ハンター』を思い出さない映画ファンはいないでしょう。

でも基本的には、悪ノリジジイのコメディなので、楽しく見ることが出来ます。

ユマ・サーマンとロブ・リグルがリアクション担当で盛り上げてくれています。

敵対する孫を演じたオークス・フェグリーはきっと性格俳優として大成するでしょう。

「戦争」がどういうことかというのを孫に教えるというコメディならではの副産物があるおかげで、懐の深い映画になりました。
同居をきっかけに部屋を奪われた孫が、おじいちゃんに宣戦布告💥

楽しみにしていたロバートデニーロの最新作。下半身出すしで体張りまくり!笑ってはいけないお葬式始まるし、期待を裏切らない。

頭を空っぽにして楽しめる作品◎

たくさん笑って最後はほっこり。
私が好きな映画はこういうのなんだよな〜!
anz

anzの感想・評価

-
爆笑😂😂
めちゃくちゃ笑ったし、おじいちゃん軍団めっちゃ豪華!!
ホームアローン的感じ、
何も考えなくていいの好き〜
でも私だったら映画館まで行かないかな、
日曜日の午前中にダラダラ見るのに最適だった
kaori

kaoriの感想・評価

5.0
老若男女問わず安心して観られるコメディ。部屋とプライドをかけての戦争が始まる。家族愛と戦争&平和を学びました。和平交渉、休戦...終わらない戦争をきちんと納得し終わらせる。本物の戦争はこうはいかないと孫は涙ながらに理解する。でも仕掛けがビックリなんだよねぇ(笑)
あんこ

あんこの感想・評価

4.0
 デニーロじいちゃんと同居で部屋を乗っ取られた孫が部屋をかけて仁義なきイタズラ戦争勃発!

 ゴッドファーザーパロディありでデニーロじいちゃん孫でも容赦しないんじゃないか…!?て冷汗かいたで!

 このデンジャラスな攻防戦家族で笑えるおもしろコメディだよ!

 あんこぶつけたろか!
regency

regencyの感想・評価

3.5
『ダーディ・グランパ』ではハチャメチャな爺ちゃんを演じてたデ・ニーロだが、こちらでは比較的まともな爺ちゃん役。
『恋に落ちたら…』で恋人役だったユマ・サーマンが娘役を、そして『ディア・ハンター』で共にベトナム帰還兵を演じたクリストファー・ウォーケンと再共演を果たしているあたり、隔世の感を禁じ得ない。
原作は児童文学だが、全編ほぼ爺ちゃんと孫の2人のやり取りで構成されている。そのため映画では、彼らの周辺人物を交えてストーリーを膨らませている。
ストーリー自体は実に他愛のない、世代を超えたバトルものだけど、終盤で発する爺ちゃんの言葉が深い。実はその言葉は原作だと孫が言うのだが、それを爺ちゃんに変えたことで、より深みを増している。

より詳細なレビューは↓
https://cinemarche.net/comedy/the-war-with-gradpa-matsu/
おじいちゃんと孫が部屋を取り合ってバトル!という主題は面白いのに、全てにおいていまいち煮え切らない。
色々あって絆が芽生える定石の展開なれど、だからこそ、その描写がスムーズじゃないのが残念。
Yo

Yoの感想・評価

-
This is nuts. De Niro must be get much money. Honestly, I hope he will be act dilectly, like "Taxi Driver." However, he is getting too old. He can't real act these days.
uts312

uts312の感想・評価

-
2020/12/18
ってか豪華な共演陣!久々にユマサーマンみた
なんも考えずに笑える映画
デニーロもいろんな映画出るよな〜。子役めっちゃラッキーやん
もっとホッコリできるように作って欲しかったな