penguinwhipper

サスペリアのpenguinwhipperのレビュー・感想・評価

サスペリア(2018年製作の映画)
3.7
原作映画が好きで良く観てたのもあって
期待度が自分の中で高めだったのだけど、
一旦それはなくして
別映画として観ようと思ってから観た。

劇中の舞台となるダンスカンパニーの
宗教じみた不気味さや
トムヨークの音楽がバッチリハマってた。

ダコタジョンソンが最初とてもすごく幼く見えた(多分意図としてそうしてるんだと思うんだけど)のが、印象的。
ティルダスィントンの演じる役柄3人それぞれがとても印象的だし意味深い。

映画のストーリーは
多分、権力からの抑圧やある種の女性性が描かれているのかなぁと感じた。時代背景とのリンクのさせ方がうまいなって思った。

単純なホラーではなくいろんな要素を取り入れた映画になってた。