彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

マドカ

マドカの感想・評価

4.0
『あなたはこれを愛と呼べるか』

答え出してくれる映画より、質問をだしてくれる映画に相変わらず惹かれてしまいます。

世話好きで優しいけど、不潔で下品な彼氏の陣治(阿部サダヲ)
陣治と同棲するも、陣治の干渉や不潔さに不快感をあらわにする十和子(蒼井優)

この映画、とにかく食事する場面が多いのですが、陣治の食べ方が汚すぎてテーブルの上の食べ物が全て不味そうに思えました。笑(阿部サダヲの演技力に拍手です👏)それを冷ややかに見つめる十和子。

十和子のあの眼差し、わたしもよくしちゃうやつ。生理的にだめなものはだめなの。無理なものは無理なの。恐ろしいくらい共感できます。

映画の後半まではずっと、陣治みたいな男のひと無理、、、って思いつづけていましが、後半打ちのめされてしまいました。
もう、エンドロール流れるときには十和子ではなく陣治に盲目です。
あの、汚い食べ方なんてどうでもいい。

自己犠牲って言葉はきらいですが、わたしも陣治みたいに、単純にだいすきなひとにはいつも笑っていてほしいと素直に思わされました。陣治は十和子のことがエゴじゃなくて命がけで愛してたんだってことが涙で証明できます。

よって、この映画の答えは『イエス』なのです。
みん

みんの感想・評価

3.9
いろんな形の愛があるんだって思った。
松坂桃李のクズ男役ハマりすぎ。竹内豊はこんな役やるのかとびっくり。
くみ

くみの感想・評価

5.0
ラストシーンで、なんとも言えない気持ちになった。もの凄い愛だなぁ、と。この映画で、出演されてる俳優さん達のイメージが良い意味で覆りました。とても見応えある映画でした。
OT

OTの感想・評価

-
恋人に昇格おめでとうございます
ツとム

ツとムの感想・評価

3.2
竹野内豊がこんな役するとは。
愛と呼べます!!

松坂桃李も上手くなったなあ。ほんと最低な男にしか見えなかった。また、竹野内豊も、こんな嫌な顔の男になれるんだ!!と、びっくりしました。
俳優さんが、素晴らしかった。

面白かったです。
ひー

ひーの感想・評価

2.0
蒼井優と阿部サダヲ。大好きな2人なので、最初だけ観ようとしてたら、エンディングまで。
ホ

ホの感想・評価

-
見終わった後過呼吸起こした
やはり、見返りを求めない自己犠牲の深い愛をもつ人は、自己中心的な都合の為に人に甘い言葉を囁く人に勝てないのか
孤独な心を一瞬でも満たしてくれるのは後者なのか
はーよ

はーよの感想・評価

3.6
ラストが泣ける意味がわかった。
号泣。
ラストでジンジ目線での十和子への想いが凄かった。

愛とはこういうものだよなと思った。
>|