さよこ

彼女がその名を知らない鳥たちのさよこのレビュー・感想・評価

5.0
今年観た映画のマイベスト3に入る作品。

蒼井優演じる主人公が、ダメな男と恋に落ち、そんな主人公を息が詰まるほどの偏愛で見守る同居人の話。

次の展開が待ち遠しくて、わくわくしながら最後まで(明るい内容じゃないけど)観てた。こんなに最初と最後で登場人物のイメージが変わる映画はないと思う。脚本も演出も完璧。蒼井優も阿部サダヲも竹野内豊も演技が完璧。

蒼井優の情緒不安定さが、妙に色っぽく、妙に可愛いかった。本命の彼女にはしたくないけど、ちょっと手を出すには都合が丁度よいオンナ。

そんな危ういキャラを愛らしさも残して、蒼井優は見事に演じきった。商店街で阿部サダヲをキッと睨みつけるところ、すごい好き。部屋で阿部サダヲを泣きながらポカポカ叩くシーンも好き。怒鳴り声が耳障りが悪くない(他の女優さんの声ってキンキンするから…)のも蒼井優の凄さ。

主人公も同居人も、過剰に一途という意味では似た者同士。そして一緒にいても幸せになれない人ばかり好きになる。そういうところも似てる。だからすごく切ない。

自分は、なんで「この人」を選んで好きになるんだろう。そんなことを思いながら観ていた。

一緒になれないことが分かってるのに、なんでいつまでも忘れられないんだろう。主人公の気持ちが少しだけ分かって、だいぶツライ。

ラスト30分間の種明かし。最高に好きなエンディング。

蒼井優の視点で観ても楽しいし、阿部サダヲの視点で観ても楽しい。最高の邦画。

【余談】
竹野内豊が蒼井優にピアスをプレゼントするシーン。「キレイな箱に包まれたピアスなんて、野暮ったいだろ?」…みたいなセリフを言って、なんのケースにも入ってないピアスをポイって渡すんだけど「これ、絶対嫁のピアスをパクってきただろー!」て勘ぐっちゃいました。あいつはやりかねない。

別れのシーンでDVD投げつけながら言うセリフも、なかなかのクズっぷりで竹野内豊にキュンとしました。妻夫木聡とか竹野内豊とか、もともと爽やか路線にいた人が性格悪い役に路線変更するとなぜかすごいハマり役になりますよね。