rann

彼女がその名を知らない鳥たちのrannのレビュー・感想・評価

3.7

"何なの、このクレーム女!"って印象から始まった十和子だけど、最後の方では、陣冶がどうして彼女のことをあそこまで必要としていたのか分かるような、分からないような。陣冶は十和子に振り回されて気の毒だと思っていたけど、そうじゃないのか。陣冶が十和子を必要としていたのか。彼は彼女に出会えて幸せだった。
改めて、人間がいかに感情的で、愛は厄介だと思い知らされる...。
一人では立っていられない人間の物語だった。
私にとっては難しいなと思う作品だったけど、人間関係はその結果よりも過程に意味があるものだと思えた。