回想シーンでご飯3杯いける

彼女がその名を知らない鳥たちの回想シーンでご飯3杯いけるのレビュー・感想・評価

4.3
同じ時期に映画化された沼田まほかる原作の「ユリゴコロ」がイマイチだったので、こっちはどうだろう?と思っていたら、最高じゃないか!

所謂どんでん返し系のサスペンスでありながら、どんでん返しありきになっていないという、僕が理想とする構成。どんでん返しで驚かすだけじゃなく、その向こう側に何を見せるかが大事だと思うので、その点で凄く見応えがあった。

本作のどんでん返しの向こう側にあったのは、純愛と切なさ。そう、これって沼田まほかる作品の根幹を成す部分だと思う。「ユリゴコロ」ではこの部分が端折られていて、ありきたりなサイコパス映画になっていたのが凄く残念だったけど、この「彼女がその名を~」は、蒼井優と阿部サダヲの素晴らしい演技力に加えて、とりまく周辺人物描写も丁寧で、サスペンスと恋愛の要素が深い部分で結び付いた、重厚な作品に仕上がっている。しかも出てくる人ほぼ全員がクズみたいな人間なのに、どんどん作品世界に引き込まれてしまうのだから、本当に凄いと思う。

どんでん返しと、切なさと。この肌触りは、邦画サスペンスの中で僕が最高スコアを付けている「アヒルと鴨のコインロッカー」(伊坂幸太郎 原作)にも通じる。

※余談ですが、ロケ地としてウチの近所(大阪市内)が頻繁に映っていました。いつの間に撮影してたんだろ?