gen

彼女がその名を知らない鳥たちのgenのレビュー・感想・評価

4.7
白石監督独特な描写の表現方が惜しみなく使われていて贅沢。そしてその演出に応えた蒼井優と俳優達。こんなにも落ちぶれた人間を人は演じられるんだなと面食らった。

松坂桃李の誠実な雰囲気をうまく出し引きして不倫男を演じきった。本当に過去にそんな経験したことあるの?っていうくらいリアルな演技だった。

阿部サダヲ演じるジンジが序盤から中盤にかけては一番キモくて怖かったけど、終盤に全部持っていった彼がヒーローに見えた。もし過去を知らなかったら本当にただの度が超えた愛を持ってる汚い男で終わっていた。

人は他人の外見やその場面の言動だけを見てもわからないものがたくさんあって、今ある姿の背景にはどんなバックグラウンドがあるのかまではわからない。この映画では彼女がそれを知った時はすでに遅かったのかもしれない。

こんな形の愛を表現した映画は滅多にないと思う。邦画の恋愛映画でこんなにも衝撃を受けたのは久々でした。