彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

個人的に今年の邦画で一番良い。つまらない瞬間がほぼなかった。前情報でクズしか出てこないとか聞いてたけど、苦しいほどの純粋さで溢れていたじゃないか。。陣治についてはほぼ説明なかったけど、どうして十和子をあんなに好きで、献身的になれるのか、脚本、演出、演技全てから人生が伝わってくる。それがたまらなくエモいんだ・・・
わら

わらの感想・評価

-
優ちゃんの演技、最高
みんなクズだった。最後のどんでん返しがすごかった。そういうことだったのねと。サダオの愛が深かった。蒼井優の最後の言葉で少しは報われたんじゃないかな。
すー

すーの感想・評価

4.0
愛とは。考えさせられた。阿部サダヲにやられた。
TAJIMAK

TAJIMAKの感想・評価

3.8
観たら凹む。
でも、とっても良い映画。
人間の腐った部分と純粋な部分が上手に描かれている気がする。
主役の2人の演技はすごい。
松坂桃李と竹野内豊のゲスヤローな感じもハマっていて、観ていて自然とストーリーに引き込まれる。
カップルで観るのはオススメしません。
yori

yoriの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まぁ、下衆い。あぁ、下衆い。
と観ながら思いつつも最終的に純愛映画でした。
つのだ

つのだの感想・評価

5.0
本当の愛とはなんだろうか
愛されることなのだろうか
愛すことなのだろうか

幸せは
目に見えないのではなく
見ようとしていないだけ
なのかもしれない

本当に自分の事を大切にしてくれている存在は誰なのだろう
今あなたのそばにいる人を
もう一度見つめ直してほしい

P.S 最後はボロ泣き…
ギャス

ギャスの感想・評価

3.2
傷だらけの彼女のことを、彼はなぜ一目でそこまで愛せたのか、そこを考えてしまった。
彼の心には何か大きな空洞があったのだろうか。不幸せな誰かを自分を犠牲にする事で笑顔にする、その自己犠牲の元はなんなのか。
どこかに少しでも描かれていたのだろうか。例えば自分のミスで誰かを失ったとかがわかるシーン。



愛しすぎると、裏切られた時逆にそれだけ深い絶望のあまりその愛を消してしまう。



絡むことのない一方通行の狂気の愛たち。



お金も性も関係なく愛されること、無償の愛。彼女が知らないのはそんな鳥なのだ。


最後に大きな空洞を鳥が埋めることを願った。


それにしても、阿部サダヲが汚すぎて。
そこを解釈しようとすると、さらに愛が歪んでしまう。
美しい外見への拒否。奴らとは違うのだという意味で、あえて小綺麗にしていないのか。
彼女がイケメン好きなのはよくわかっているはず。


そして、あんなにしっかりしてるようでもダメ夫を抱える姉。愛というものの不毛を表しているのか。
Ramu

Ramuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

キャラクターを多面的に、表裏のある「一人の人間」として描くというのが白石監督の作品の良さだと思いますが、その意味で今作は白石監督にとてもあっていたと思いました。

肥溜めの中にある宝石を見るようなラストシーンはやっぱり心打たれました。ちょっとウェットに流れ過ぎな感もありましたが、すごくいいエンディングだったと思います。
>|