彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.9

あらすじ

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためな…

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

個人的に今年の邦画で一番良い。つまらない瞬間がほぼなかった。前情報でクズしか出てこないとか聞いてたけど、苦しいほどの純粋さで溢れていたじゃないか。。陣治についてはほぼ説明なかったけど、どうして十和子をあんなに好きで、献身的になれるのか、脚本、演出、演技全てから人生が伝わってくる。それがたまらなくエモいんだ・・・
UCHIDA

UCHIDAの感想・評価

4.0
さすが蒼井優が日アカで優秀主演女優賞獲っただけある。
しかし、私は阿部サダヲも賞賛したい。だって彼の役が1番登場人物の中で優しくて、どうしようもない十和子に寄り添っているから。これ結構大変なことだと思う。

過去の回想シーンと現実が入り混じった時の切り替わり方が幻想的で素敵。


最後の蒼井優のセリフからのエンドロールで知らず知らずのうちに涙が出ていた。何度でも見たい。
公開中、観そこねて後悔していた作品。

前半は、ただただ重々しくて まぁ嫌いじゃないけどなー って思ってたけど、後半はサスペンス調でどんどん引き込まれた。
頭の中、心の中を掻き回されるような気持ちになりました。
みつい

みついの感想・評価

3.8
これも愛、それも愛、あれも愛、どれも愛。
今年は松坂桃李の濡れ場をよく見ている気がする。絶妙に映らない蒼井優の胸。
……ううん、でも、そんなにクズか?
ake

akeの感想・評価

3.2
この映画のインタビュー?か何かで蒼井優が「クズばっかり」って言ってたような。

ほんとそうだった。
でも松坂桃李が演じていた水島みたいな奴は結構いるんだろうな。嫌だな。


十和子はたぶん
何やっても陣治は許してくれる。って心の底では分かっているから陣治に酷く当たることが出来て。
でも、自分がどれだけ大事にされてたかを気付くのは遅くて。なんかもう
愛情と憎しみは紙一重

そもそも黒崎が誠実に十和子を愛し大切にしてくれれば…とたらればなことを思ってしまう。
冒頭は自分勝手な十和子に苛立ち、そんな十和子を甘やかす汚らしい陣治に嫌悪感を抱き、中盤では陣治ヤベー奴じゃんと騙された。
陣治のしたことに共感はできないけれど十和子への一途すぎて歪になってしまった愛情を感じた。
しかし終盤の十和子の子どもとして生まれ変わってやる宣言に鳥肌。「十和子、赤ちゃん産め。生まれた子が男の子でも女の子でもそれは俺や、陣治や!」って言葉は呪いでしかないと思うのだけど。このシーンでちょっと冷めたというか引いてしまったけれどぼんやりとした十和子の「陣治。たった一人の私の恋人」ってつぶやきでツーって涙が出た。理解したのが遅すぎたね、、十和子はこの後どうやって生きていったのだろう。
F

Fの感想・評価

3.5
終盤の阿部サダヲに魅了される映画。

「あなたはこれを愛と呼べるか」
なーるほどね
終盤涙腺がバグった
Ken

Kenの感想・評価

2.9
後半グッときます。
ERI

ERIの感想・評価

3.9
最後の怒涛に心がこんなにもかき乱されて泣かされるなんて。クズばかり出てくるとは聞いていたけれど、それだけじゃない負の連鎖に痛くて苦しくて悲しくて、それをまるで全部引き取っていく包容に胸が潰されそうだ。愛ってなんなんだろうな。愛じゃないのかな。愛なのかな。もうなんだろうか。

観た後もしばらく放心状態で、歪な愛の形に頭打った感じ。ギリギリまで許して受け入れていますの顔の後に刺す狂気。それを全て包む無償の愛。どっちも怖くてハッとするのに、認めてしまうな。ぼーーっとしちゃう。


十和子は働きもせず世の中にいちゃもんをつけながら15歳上の陣治と二人で暮らしていた。下品で頼りない彼に嫌悪感を抱きながらもなんとなく一緒にいる。8年前に別れた元彼の黒崎が忘れられずにいる。ある時黒崎を思い出させる水島という妻子持ちのイケメンと出会い物語は転がっていく。

なんでほとほとダメな男ってずっと忘れられないものなんだろうか。黒崎も水島も本当にどうしようもない男なのに、結局甘い言葉に騙されてしまう。十和子は十和子で、孤独という服を着てるみたいにある意味無防備でダメな女だ。

少しずつ過去の出来事が思い出されていく様子はホラーみたいで怖くて、なのに妙に納得してしまう。電車のシーン、陣治がイケメンの男をつき飛ばすところが転換点で、その後の後半は前半の伏線がどんどん回収されてめちゃくちゃ面白かった。

蒼井優ちゃんと阿部サダヲさんの芝居が痺れるほど上手くて一つ一つの表情や仕草に、まさに直接感情に触れられて手に負えなくなる。近距離な作品で、絶妙で抜群で凄い。関西弁の設定も妙に説得力があって痛い。松坂桃李くんと竹野内豊さんのほとほと最低ぶりもある意味見ものです。

陣治が十和子を見つけたシーンが好き。優しくて温かくて涙が止まらない。これが愛でないなら愛ってなんだ。
>|