彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.9

あらすじ

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためな…

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.4
好きな台詞ベスト3
第3位「メダカこうてきたで」
第2位「靴下や」
第1位「あーーー」
はいる

はいるの感想・評価

3.6
6/22
登場人物ほぼ全員中途半端なクズ。
蒼井優はやっぱり上手い。
十和子のような女の子の友達がいるけど、こうなって欲しくないなあ。
彼女にとっては、分からないのはせいぜい鳥の名前ぐらいだろうが、観客である自分には、分からない点が多すぎた

お姑さんのように一つ一つ挙げたっていいのだが、原作読んでるわけではないし、さすがにもう眠いのでしない

ただ、関西が舞台でありながら(同じ家族の中でも)関西弁の人と標準語の人がいて戸惑ったり、不潔サダヲの不自然なまでに汚れた顔にベトナム戦争のフォレスト・ガンプを思い出したり、蒼井優の乳首に細心の注意を払った時計屋松坂のクレーム処理の仕方に首を傾げたり、挙げ句の果ての「川沿いフェ◯からの、遠くに大阪城ドーン」に言葉を失ったりしたということは、せめて報告させてほしい
皆さん、エロいです
阿部サダヲだー見なくてはーと軽率に借りたらエッチなシーンの多さに思わず固まりました

蒼井優ちゃんの演技力の高さには昔から目を見張っていましたが今作品はすごいですね。一皮向けて大人になりましたねえ。
阿部サダヲさん、竹野内豊さん、松坂桃李さん、豪華な俳優陣のそれぞれのダメ男クズ男ぶりが素晴らしいです。

共感して泣けてしまう人はなかなかにヤバイ精神状態なのでは、、と思います。笑

一見、陣治の一途さに泣けるラストなのですが、かなり歪んでいますね。
自分にはどうしても手に入らないと知ったが故の精神的な束縛です。

共感度ゼロパーセント登場人物全員クズ的な宣伝文句だったらしいですが、まさにその通り。
ですが、どの人物も個性があり見ていて愛着が湧くというか…楽しかったです。
こういう人物に関してはわりと身近にありそうですしね。
中弛みせず、面白い映画でしたが後半は想像がついていた内容でしたので星3つ半で。
2018-87
途中までエロくて面白かった。
種明かしあたりから普通に共感できる内容で飽きた。
ぬる

ぬるの感想・評価

3.6
主演の2人がすごい。
tatu

tatuの感想・評価

4.0
阿部サダヲの演技が圧巻。ストーリーも周りを囲む役者も個性を発揮している。
松坂桃李の悪者役もいい。ストーリーとしては悪い男に引き寄せられる女の性と方向がずれている男との関係が緊張感とどうなるんだろという感覚があり久しぶりにいい映画だと思った。
ブッチ

ブッチの感想・評価

3.9
なんと言っても蒼井優の演技が素晴らしい映画。
彼女で無かったらこの作品は成り立たなかったのではと思う。
たしかにラストは印象的だけど、そこまでも画面に力のある絵作りで思わず見入ってしまう。
Meke

Mekeの感想・評価

-
・登場人物には誰一人共感できないしクズばっかりという前触れ通りだが、あまりにも人間らしい、歪んだ愛がそこにはあった
・結末は想像付かぬものだった
nobu

nobuの感想・評価

3.7
究極の愛っていうこと?
>|