彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためな…

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

シノ

シノの感想・評価

3.5
十和子は15歳年上の男性と同棲中に気になる男性が現れ、元彼の時と同じように周囲で変な事が起き始め、同棲男性を疑っていきます。

あまり見る事がない松坂桃李のグズっぷりの役は新鮮でした。

個人的には同時期にリリースされたユリゴコロの方が好きでした。
原作は沼田まほかるの人気ミステリーである同名小説。

主演は蒼井優と阿部サダヲ。

監督は「孤狼の血」「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」などで知られる白石和彌監督。


下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治(阿部サダヲ)と暮らす十和子(蒼井優)は8年前に別れた黒崎(竹野内豊)のことを忘れられずにいた。

陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島(松坂桃李)と関係を持つようになる。

ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から黒崎が失踪している事を告げられる。

「十和子が幸せならそれでいい」と日に何度も十和子に電話を掛け更には彼女を尾行するなど異様なまでの執着を見せる陣治。

黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまで及ぶのではとないかと心配するが。。。

中盤くらいまでアダルトシーンばかりで観るのやめようかと思ったくらいでした💦

ラストまでこの流れで行くのかな?って思ってたら十和子の元に刑事が現れた辺りからストーリーが少しづつ展開し始める。

初め陣治は十和子の事が好きすぎて一緒に暮らしているにも関わらずストーカー紛いの事をしてるだけなんだと思っていたけど後半で真実が明らかになってからは、これは愛なんだと認識させられる。

いくら好きでも陣治のようにはなれないよ💦

しかし前半から中盤まではアダルトシーンが飽きる程多かったのでスコア-0.1(笑)。

他の白石監督の作品に比べると白石ワールドは今作ではさほど無かった気がしますが途中で放棄せずラストまで観れて良かったと思います。

まだ観られていない方は是非。
いつもと違う白石ワールドをご堪能下さい🍀
Yuu

Yuuの感想・評価

-
愛って何なのだろう?
捧げたり、縛ったり?
愛は盲目で怖いもの。
近くにいる大事な人に気づけなくなってしまう。
蒼井優と松坂桃李くんが凄かった。
蒼井優、関西弁が自然。この女はクズだけど、女性の欲望の極みを体現してるのかもしれない。ストーリーの展開は意外にもハラハラして、良かった。前半と後半の阿部サダヲの使い方が秀逸。観客を惑わせる表現。あとは松坂桃李の百貨店社員の似合い具合よ。エロい。竹野内豊も最悪な男すぎて最高。後引く映画。
ハモン

ハモンの感想・評価

4.4
愛以外なんだってんだよ
愛以外のなにものでもないだろうよ
わぁ~久々えぐられたぁ~
良いもん観たわぁ~~
もう 嗚咽がもう 嗚咽が……
あと なんだ あの セリフ全部が あの方言のおかげか
よりスルスル心に入って グングン重みを増してきて
いやぁ~ 良かった。
好みなのよね 結局 わたし 「犠牲愛」に弱い
「お腹の中に行くから」か……
……すごい…すごいなぁその発想
その手があったかぁ~!笑
くり

くりの感想・評価

-

いやー、めっちゃ凄い。

サスペンスとしてもヒューマンドラマとしてもめちゃくちゃ面白いし、とにかく熱量が半端ない。

主演二人が化け物。

岡本太郎が、真に難しいのは愛されることではなく愛すことだとおっしゃっていましたが、まさにそれを表した映画だと思います。

ほんと、愛です。

てか孤狼の血とか凶悪の監督か。。
凄いな。。
fumi

fumiの感想・評価

5.0
こんなに号泣した映画はありません。
配役が最高です。
演技が素晴らしすぎます。
見終わったあと誰かと語り合いたくなります。
i

iの感想・評価

-
はぁ…なんか、凄い
阿部サダヲさんが強烈!凄い!

画面の移変わりや演出、照明の色合いが綺麗だった。ストーリーの構成にはびっくりさせられた。
深い愛なのか、これは。愛されたいという欲求と執着。愛までもを求めないけど、存在や与えることに執着すること。
阿部サダヲが演じる登場人物の存在の恐さから終盤にかけて、印象を変えてくる。ほんとに凄かった。目が怖かった。と思いきや何時もの様なユーモアのあるキャラクターになったり…。
蒼井優も、勿論凄かった。
ミスリードが上手いし、愛の描き方としても強烈。
>|