彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

シノ

シノの感想・評価

3.5
十和子は15歳年上の男性と同棲中に気になる男性が現れ、元彼の時と同じように周囲で変な事が起き始め、同棲男性を疑っていきます。

あまり見る事がない松坂桃李のグズっぷりの役は新鮮でした。

個人的には同時期にリリースされたユリゴコロの方が好きでした。
あん

あんの感想・評価

-
愛は傲慢なリレーだ!
女は魅惑の男を追いたがり、魅惑の男に愛でられたがる。無償の愛を注ぐ粗雑な男には呆れ果て、自身への情けなさすら感じる。
男は自分の社会的地位の低さを自覚し、美しく若く歪んだ女を愛で続ける。歪みにつけこみ、一滴の希望を持ち、底なしの愛を注ぐ。
盲目的な女も、男も、最後は猟奇的な愛を注ぎ、去ぬのだ。
の

のの感想・評価

-
純粋な愛なのか歪んだ愛なのか分からないけど、愛は深くて重い………
個人的には好きな作品でした
全員最低だけど俳優陣の演技が最高

水島はゲスで薄っぺらくて最低だけど最高にエロくて顔がいい
「アーと言ってみて」はキモいし(ほめてる)、
「なんか物盗みそうな名前だな」はナチュラルに失礼で吹いてしまった
「タッキリマカン」も忘れちゃいけない
(パワーワード多すぎでは………)

あとメダカ買ってくる陣治かわいい
Mako

Makoの感想・評価

3.6
最後切ない、、
mnm

mnmの感想・評価

3.6
全てを知った瞬間、涙が止まらなかった。
Kaneyoshi

Kaneyoshiの感想・評価

3.9
蒼井優と阿部サダヲの演技力、凄いですね。
久しぶりの邦画という事もあり、楽しめました。
皆、歪んでましたけど、純愛なんでしょうね
今のところ沼田まほかる原作の映画化作品すべてに松坂桃李が出演している。
ミステリを読む人にとってラストを予想するのは難しいことではないが、見る者の共感を寄せ付けない醜い人間たちの汚い関係の中にも生まれる美しさにホロリとさせられる。
airihiruma

airihirumaの感想・評価

4.4
嘘だろ〜という、映画を見てる中では気づきませんでした。
立て続けに蒼井優がでる映画を見ておもったこと、蒼井優の演技力 本当にすごい
いや、阿部サダヲもすごい
演じるだけで胸がいたそう

大阪の人話やから、あべちか とか、南海電車に乗ってたり、知ってるワードが ありすぎて そこも 地元大阪民としては見所でした
みき

みきの感想・評価

-
途中断念
>|