彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.9

あらすじ

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためな…

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.6
く、クズばっかり…(笑)
唯一、陣治がまともにみえたかな?
でも不潔感が…!
なんかあんまり気持ちよく終わらなくて、私には大人の恋はまだ早かったみたい…。
naonyan

naonyanの感想・評価

3.8
原作既読。まほかるさんの小説はどれも好きなので、ユリゴコロに続いてこちらも鑑賞。役者さんたちの演技は申し分なく原作のイメージを裏切ることなく作られていたけれど、まほかる作品はそもそも映像化にむいていないのでは、と感じた。すごく泣きましたけど。
女が嫌いな女優、蒼井優。私の好きな阿部サダヲ。どっちも最低な役で、すごく上手い。表情がすごい。部屋の散らかり方がリアル。竹野内豊がゲス役でびっくり。
あ、あ、阿部サダヲすげぇぇぇっ!!ってなります。はい素晴らしい。素敵。こんなの好き。蒼井優さんの幸薄い女の演技素晴らしいです。そして前半胸糞、最後怒涛の感動が押し寄せます。すこ。
現時点で今年鑑賞した作品の中でベスト!

登場人物は最低な奴しか出てこない。
しかしその最低さが最高!

ここまで登場人物に共感できないのも気持ちがいいです。

「酷い!最低!」なんて思ったりしながらキャッキャしていたのに最後に号泣させられるとは…

松坂桃李はこの作品で一皮どころか何皮も剥けたと言った印象。

でも1番のクズは竹野内豊!

最高です。
ラストの音楽音楽音楽。
pipi

pipiの感想・評価

3.5
蒼井優ちゃんと阿部サダヲの演技力に驚いた!!
ラストの回想シーンは
すごく感動したけれど
あなたはこれを愛と呼べるか?、、
うーん、、どうなんだろう
わたしには分からない
麦

麦の感想・評価

3.8
なんやこれ!すんごい愛の話やないか!
17

17の感想・評価

4.0
すごかった。泣くとは思ってなかった…泣いた…びっくりした…。
役者さんたちのお芝居が本当にすごいし話の進め方も絶妙だったように思います。
ラストの爆発力は積み重ねたものがあってこそ。

どうしょうもないクズばかりだけど、結局は「愛」に救われるんだろうなあ。

良作でした。
candy

candyの感想・評価

3.9
つらくて観終わった後しばらく引きずりました。

でも、阿部サダヲと蒼井優が本当に素晴らしい。
執拗なまでに十和子に惚れている、うだつの上がらない陣治、過去の男を引きずり続け、陣治を疎ましく思いながらも、帰るところは陣治しかない十和子というキャラクターが見事にハマっていた。

不倫する男、水島の描き方なんかもリアルさを感じて薄ら寒く、かなりいいスパイスだったと思う。
>|