彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

なの

なのの感想・評価

4.4
ラストが衝撃
十和子も陣仁も好き勝手に愛やっててむしろ清々しかった
「足のゴミやめて」とかキレイな映画だったら描かないような細かいところ リアルだった


十和子と陣仁 2人とも誰かに尽くしてて、片思い(?)、愛し方が似てる
陣仁は「十和子のためや」って言いながら十和子に尽くすことで自分が気持ちよくなってるだけにも見えたけど、、、
「私のたった一人の恋人」
この二人の愛の前では黒崎や水島との愛は霞んで見えるというか恋愛の種類が違う
shar

sharの感想・評価

3.8
途中からラストがふわりと見えていたものの
最後はその無償の愛に急激に泣けてしまう映画。。

ここまで全てを受けて入れてくれる人など存在しないと思う反面、
ラストで感動してしまうのは、どこかで皆、
無償の愛を求めているのだろう。

陣治のラストは残念。涙
無償の愛ならば更にこれからも彼女を支えて欲しかったが、
自分では結果的に彼女を幸せにできないという結論から消える。
これまた究極の愛なのか。。

彼女が理解しない以上、一方通行の愛。
一方通行の愛は、愛と呼べるのか。
複雑。

4人のキャスティングばっちりでした。
aki

akiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「陣治、たった1人の私の恋人」この一言がよかった。イケメン2人のクズっぷりに拍手。
an

anの感想・評価

5.0
出てくる人みんな最低のクズで
十和子にも陣治にも水島さんにも
誰にも共感はできない。
だけど
"あなたはこれを愛と呼べるか"
っていう問いに対しては
"愛だと呼びたい"と思った。

少し歪な形ではあったけど
人を愛する気持ちの究極の形を
みせつけられた。

キャスティングも演技力も最高。
chippy

chippyの感想・評価

3.5
こんな風に愛されるってどんな気持ちなんだろう。

とにかく最後は号泣してしまった。

蒼井優の指が好き。
サダヲの目が好き。
桃李くんと竹野内豊のクズっぷりがなかなか。
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

2.9
「神様ありがとう。これで救われます。」

蒼井優のおしりが刺激的。

淫乱なシーンが多い。

無理な関西弁のせいで内容が入ってきづらい。
タイトルと事前情報から、クズな私を好いてくれるのはYouだけでしょ?
今日、会社休みます?といった
湿っぽいラブストーリーなんだろーなって勝手に思っていたので(なんでだろう)
全然見るつもりなかったのですが、面白いと聞いて手を出したら、とてつもなくツボでした。

とてもエロかった。
松坂桃李さんがとてつもなくエロくて、Night clubで男も濡れるって気持ちになりました。
なんだか、百貨店の腕時計売り場にでも行きたい気持ちになりました。

ミステリーとして、グイグイ惹き込まれました。そんな複雑じゃないお話なのに、役者さんたちの演技力で真相にたどり着けない、素敵な映画でした。
特に蒼井優さんは幼くもあり、セクシーでもあり、狂気でもあり儚さもあり、半端なかったです。
ミステリーって別に犯罪的なことだけではなく、この男がこの女がどんな人間なのか?というのが次第に明かされたり、追求してくという姿がミステリーそのものでした。
恋はミステリーってKinKikidsも言ってましたし

ラストがトンチキで、グググッとしばらく考えてしまいました。
でも僕はあのラストが2人の関係を対等にしてくれたような、良いラストだったなーと思いました。
あと僕はくちゃくちゃ咀嚼音を出さないように気をつけて生きていこうと思いました。
toshn

toshnの感想・評価

3.3
白石和彌監督初鑑賞作品でした。
これでハマりました。
阿部サダヲの情けなさ、蒼井優のお尻が印象的。
邦画も捨てたもんじゃないな。
>|