彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

マドカ

マドカの感想・評価

4.0
『あなたはこれを愛と呼べるか』

答え出してくれる映画より、質問をだしてくれる映画に相変わらず惹かれてしまいます。

世話好きで優しいけど、不潔で下品な彼氏の陣治(阿部サダヲ)
陣治と同棲するも、陣治の干渉や不潔さに不快感をあらわにする十和子(蒼井優)

この映画、とにかく食事する場面が多いのですが、陣治の食べ方が汚すぎてテーブルの上の食べ物が全て不味そうに思えました。笑(阿部サダヲの演技力に拍手です👏)それを冷ややかに見つめる十和子。

十和子のあの眼差し、わたしもよくしちゃうやつ。生理的にだめなものはだめなの。無理なものは無理なの。恐ろしいくらい共感できます。

映画の後半まではずっと、陣治みたいな男のひと無理、、、って思いつづけていましが、後半打ちのめされてしまいました。
もう、エンドロール流れるときには十和子ではなく陣治に盲目です。
あの、汚い食べ方なんてどうでもいい。

自己犠牲って言葉はきらいですが、わたしも陣治みたいに、単純にだいすきなひとにはいつも笑っていてほしいと素直に思わされました。陣治は十和子のことがエゴじゃなくて命がけで愛してたんだってことが涙で証明できます。

よって、この映画の答えは『イエス』なのです。
akayuki

akayukiの感想・評価

4.8
「俺は十和子が笑うてくれてたら そんでええねん」

陣治が口にするこの想いの深さがラストの真相でより強い想いとなって心に刺さる。
ラスト20分の真相は全部見所。
陣治の表情言動の全てに愛が詰まっていて、嗚咽しかけたぐらい涙が止まらなかった。

こんなに報われなくても人を愛せる男がここにいる。
きっとこれを超える愛なんて無いというものを見せられた。

阿部サダヲさん、明るく優しく十和子といるだけで幸せと言わんばかりの表情が素晴らしい。
日本アカデミー賞獲らなかったのが不思議なくらい。
蒼井優さん、文句無しの熱演。
深い孤独と苦しみを抱え感情が狂ったように変化していく難しい役所。
実際にこういう女性が存在してるかのようなリアルなお芝居で、十和子を愛しい存在に魅せてくれた。
ちよみ

ちよみの感想・評価

3.8
愛の物語。とても深い愛、無償の愛の物語。蒼井優も阿部サダヲも素晴らしいし、竹野内豊のゲスな腐った男の役も珍しくて良かった。
かおり

かおりの感想・評価

3.5
阿部サダヲの演技力が素晴らしい。
十和子に対する何気ない言葉から深い愛情を感じて涙が出た。
なぜあそこまで十和子を愛せたのかはわからないままだけれど、ただの恋愛のドキドキとかとは違う、母性に近い愛情が表現されていたと思う。
ただ、恋する気持ちと、大切にしてくれる人を好きになれるかを天秤にかけたとき、必ずしも大切にしてくれる人を好きになれるとは限らないところが難しい。
そして愛するって難しい。
自分を犠牲にしてまでも相手を幸せにしたいと思う気持ちは愛でも、本当に自分を犠牲にすることは愛なのか?
それは自分にしか判断できないのだろうけど、人により意見が異なるだろうと思う。
やぶ

やぶの感想・評価

3.8
愛じゃないと思うし恋愛観も変わりません
広告屋正気か?
蒼井優以上に松坂桃李の色気がすごすぎてなんか出た
あー、って言わせるの村西とおるの笛と同じ発想?
この監督好きやけどこれはあまりハマらなかった
良いけど嫌だった、みたいなレビュー書いてる人いたけど、めっちゃわかる。
役者はすごい良いけど、共感とかは全くないです。けど面白かった。
肌感が最高でした!
ひ

ひの感想・評価

3.9
最初は、都合のいい女と歪んだ愛だと思ってたけど最後いい意味で謎が解けていく。結局都合のいい女と歪んだ愛なのは変わらないけれど、衝撃作

愛なのかも、もはや分からない
これが愛って思いたくはないけど

間違いなく歪んでいる
りほこ

りほこの感想・評価

3.7
阿部サダヲさんと蒼井優さんのツーショットは破壊的。空気感が全然違う

嫌いで汚くて仕方ないのに、お互い頼りきって何故か一緒に生きている。浮気をしても拒んでも決して怒らない、彼女の為なら"何でも"する。まさに狂愛
信じられないけど、彼女が知らない彼の姿は本当の彼は何なのか最後に不明になってしまう。

途中で何故か怖く感じる、彼女の過去のせいかもしれないし、彼の狂愛のせいかもしれない。
2人の間に不思議な価値観があって、その中の世界で生きていると逃げたくなるのに、世界が壊れると彼女は立ち上がれなくなってしまう。

これを見た次の日に蒼井優さんが結婚発表されて、運命を感じてた(笑)
>|