彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

Nakao

Nakaoの感想・評価

3.3
蒼井優は声が良い。「オーバーフェンス」の時もこの映画の時も。鳩尾の奥から搾り出すような少し嗄れた声が魅力的です。

純愛というより偏愛。死んだら愛した女の子供になりたい。文字面だけじゃ苦笑してしまうこんな言葉もこの映画と走馬灯を見た後じゃ陣治の愛を感じる。この映画の良さと自分もちゃんと人間性があるんだと嬉しくなりました。

外面の綺麗さと醜さ。登場人物に対する嫌悪感のバランスが絶妙。松坂桃李のクズっぷりも、陣治の狂気的な偏愛も全員に肩入れし過ぎない白石監督の目線の巧さがやっぱり好き。

陣治の役作りはちょいとやりすぎ感。
すごいすごいと言われているけれど、わかっているような気はしていたけれど、ぼやけてはっきりしていなかった「蒼井優ってすごい」ということが理解できた映画。

他人(ヒト)に対する愛がテーマかと思いきや、最後まで観終わると、実は「自己愛」がテーマだったのかもと思わされた。人間は誰かを強く愛するようでいて、実は自分への愛を超えられないのかもしれない。だからそれが表面的には狂気や猟奇に見えて映っているのではないか。。

最後の5分間が、とてつもなく切ない。ああ、美しい時代や時間が、昔はちゃんとあったな。あの頃は白くて綺麗だった、、と、もうなくなってしまったものへはせる気持ちって、こんなにも切ないのかと思った。そして、彼がこの最後のために計算して、仕事場の態度や咳をしながらのタバコや、すべてを行なっていたのかと思うと凄すぎるし恐ろしい。きっと彼は、自分をものすごく愛していたのだと思う。彼女への愛が強すぎたのではなくて、自分への愛が、強すぎたんだ、きっと。

ラブシーンが多すぎな感じは否めないけど、セックスとか性欲って、本当に大事なことのひとつなんだと再認識させられた感じがした。
見ていてしんどくなる映画
蒼井優が可愛い
そしてかわいそう
かな

かなの感想・評価

4.1
なんかすごかった
阿部サダヲがかっこよすぎる
高橋

高橋の感想・評価

-
クズしか出てこないと聞いて鑑賞。
まじでクズしか出てこなかった。
馬鹿みたいな男に嘘っぽいセリフに騙され泣いて虚しくなるのはいつも女だけど
主人公がどうしようもなさすぎてそのどうしようもなさに泣いた。
じんじみたくこんなに深く深く思ってくれる人いるのかな。その想いにまた泣いた。
何もかも疲れて虚しくなった時にまたみたい
まき

まきの感想・評価

4.2
陣治目線のシーンでぎゅーっとなります。
尽くしてなんぼやな
m

mの感想・評価

4.1
最狂の愛の形
yuzu

yuzuの感想・評価

3.6
2人の演技がすごい
内容重いけど、邦画で見入ったのは久々
理解不能だけど愛と呼ぼ
>|