彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価・動画配信

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

ゆこ

ゆこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごいなぁ。
愛なのか?
犯罪を助けることが?
とても難しい。
自分ならどうする?
いや絶対自首させるな
とかいろいろ最後に考えてしまった。

とりあえずミスリードに
まんまとハマってしまった。
ほんとうまくできてる。
てっきり陣治が殺したと思っていた。
まんまと騙された。
陣治は確かに「殺した」とは言わず
「埋めた」と言った。
ココに気がついた時おぉとなった!

阿部サダヲさんも蒼井優さんも
とてもとても演技がうまい。

阿部サダヲさんなんて
まぁ見事にこうどうしようもなく
気持ち悪い男を演じられるのか
不思議になった。

親族があんな男と付き合ってたら
反対したいレベルの
見た目からしてちょっと小汚い男。
すごすぎた。

ただこの映画の難点は
人に薦めにくい笑
Takuma

Takumaの感想・評価

3.9
俺を産んでくれ、大きな借りができるぞ。狂ってるけど真っ直ぐ過ぎて曲がってる。

いい映画をみたなあ。
jj

jjの感想・評価

3.8
ええ~そっちか~いって感じのおもしろさ。 
阿部サダヲいいなあ~。
演技うまいなぁ~。役になりきる感がすごい。。
失って初めて気付く存在。
あの羽ばたいていく鳥たちの名前を知らないように、はっきりと分からないけどそれは確かにあった…

過去の愛にくすぶる女と
モグラのようにうごめく男
見苦しく歪な関係が、恋愛の甘い幻想を木っ端微塵に打ち砕いてくれる。
[あんまりな事しとったら、恐ろしい事が起こるで!]
違和感とともに[心の闇]が開かれる。
究極の愛のカタチに震撼する。

男としては、陣治の優しさや明るさが[変容]していった過程を思うと胸が締め付けられる。
[恋愛]って最も過大評価された感情だと思います
(~_~ ; )

これは恐るべき[愛]の物語。
紹介いただいたフォロワー様に感謝!
確かにこれはヘビー級でした。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

『あなたはこれを愛と呼べるか』

阿部サダヲ演じる陣治が、全てを思い出してしまった十和子に、これから生きていく意味を与える為に全ての罪を背負い、死を選ぶ事。
これを愛と感じられるかどうかって事ですよね?

陣治の十和子を思う気持ちが胸に刺さる。
どんなに他の男に気持ちがあろうと、陣治には関係ないんですよね。
十和子は十和子、そして自分は十和子を愛している、それが全てなんですよ。

ただ

私なら、絶対にこんな形は選ばない。
それで十和子が本当に今後生きていく事ができるかなんてわからないから。
どんな形であれ、最後まで1番近くで寄り添っていたい。
特に十和子のような人は、全てを許してくれる人が側にいないと・・思います。

この作品も、蒼井優が素晴らしい。
宮本から君へ、オーバーフェンスと、見る作品全てで役が濃くて、めちゃくちゃ上手い。

このレビューはネタバレを含みます

不謹慎かもしれないけれど、命まで擲つほどの無償の愛を受け取った十和子のことが、羨ましくて仕方なかった。
>|