彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価・動画配信

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

蒼井優は演技や役が好きで割と観てるけど今回も良かった。

これだからイケメンは嫌だ。
そして松坂桃李がムカつくほどの演技で、こんな役もやってたんだと驚き。

しかしラストがあんなパターンとは、にも驚き。
sa

saの感想・評価

3.5
役者さん達の演技に引き込まれた。
序盤は、登場人物全員理解できないし気持ち悪いな〜と思ってたんだけど、終盤にかけてまさかの泣かされた。
伏線回収で全てが繋がった時のスッキリ感!
阿部サダヲの絶妙な気持ち悪さすごい(笑)
愛って何なのか、これは愛なのか、考えさせられる映画でした。
ざわわ

ざわわの感想・評価

3.6
「愛」について描いた物語は腐るほどあるんだろうけど、多分これは誰も見たことがない愛の話。
画面は終始薄暗く、登場人物達はどこかネジが外れたような様子に見える。生活感がしつこいほどリアルで、「気味が悪い」というのが、前半の印象だった。

ヒロインの十和子は、自己中で我が儘、口も態度も最悪で、イケメン好きで浮気性という屑っぷり。夫の陣治は下品で粗野で、簡単に言うと気持ち悪い。俳優陣の演技が凄まじく、十和子にも陣治にも、心の底から嫌悪感を抱いた。演出の拘りもすごい。畳み掛けるような終盤の描写には息を呑んだ

見返りを求めず尽くすこと、相手のために罪を負うこと、自分の全てをかけて相手を縛ること。
たとえエゴでも欺瞞でも、これを愛だと呼べるだろうか?
無数の鳥が飛び立つシーン、十和子は初めて顔を上げる。
名も知らぬその鳥たちが、これからの十和子を支え、生かし続けてくれることを、切に願う。
愛ですね。

大っきいパンを買ってきてくれる人は大切にしましょう。
Misato

Misatoの感想・評価

4.5
号泣した、これはやべえ
これは愛だよ
っぺ

っぺの感想・評価

3.4
みんな寂しくて悲しい。想像以上に重い映画だけどよかった。観終わったあとズーンてなるけど。阿部サダヲと蒼井優は本当にすごい俳優だ、と2人が出ている映画を観るたび同じ感想をもってしまう…いやほんとにすごい…。
やい

やいの感想・評価

3.7
後半、ゾクゾクした
切なすぎて心空っぽになるタイプの映画、、
にしても桃李のエロさヤバクネェ!?
見どころそこ説ある

このレビューはネタバレを含みます

最近の私はこういうの結構好きです。
生きてもらう為に選択する死、、かあ
死んでまで愛を記すのが愛なのか否か。考えさせられる素敵な作品
>|