DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.8
娘と一緒に鑑賞。
じぇんじぇん期待してなかった分 予想に反して良かったぜ。

映画の中には
『内容 ペラッペラに薄っすいな〜』ってヤツ けっこう あるやん。
この映画、けっこうブ厚いげ。
映像もいいね。
千と千尋の実写版みたいな感じ。
タイトル 鎌倉物語だけじゃねーやん。

”destiny” コレにも納得!

前半 細かな伏線が ところどころ散りばめてあって 後半にキッカリ回収していくところも なかなか。
適度なところで 笑いを入れて観る者を飽きさせないように ホント上手に作ってある。


2017年
映画館で たくさん観たが 今年は『当たり!』が少なかった。
いや、むしろ『ハズレ』が多いと言っても過言じゃねーわ。
そして そのほとんどは洋画。
近年 邦画のレベルが上がっとるように感じる。
この映画も しっかりと作られた映画だな〜と感心したよ。
映画前半はオムニバス形式で夫婦2人の日常を描いてる。後半は妻を取り戻すために黄泉の国へ堺雅人が冒険する。と言った流れだったけど前半の日常生活で大抵堺雅人1人だし、ラブラブしているのは分かるけど夫婦愛みたいなものは見えない。だから後半で妻を取り戻そうとしても傍観するしかなく、感情を揺さぶられなかった。

説明セリフが多く、世界観を伝えるためには仕方の無いのだけれどちょっと多い。あとそのせいで都合よくことが進む。

セットデザイン、妖怪のデザインは凄くかわいかったり和風っぽくてとてもよかった。

cgなんかって思わず、こういった作品を邦画で観たい。頑張ってほしい。
Rimuuuu

Rimuuuuの感想・評価

4.1
面白かった!
さ

さの感想・評価

3.0
👤はるみ
✏️ほんわかした
期待し過ぎたからか思ってた以上ではなかった。

内容は薄めで、もっと夫婦の馴れ初めや絆を描いてからの方がよかった。

後半の黄泉の国の世界観はファンタジー溢れてスピード感もあった。
きっと映画館で3Dで観た人は面白かったと思う。

鎌倉方面に引越しを考えてるが、こんな街なら楽しいのにな〜
syusante

syusanteの感想・評価

3.3
ビデオランキングで長くランクインしていて最近は一位だったのでどんなものか鑑賞。
夫婦のほっこり感があり、実写版千と千尋の神隠しをみてる見たいだった!
Always三丁目の夕日の世界感の方が好きなので低めになった!
技術は凄いので、この技術でまたAlways三丁目が見たいかな。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

4.0
昔ながらの鎌倉の風景と奇妙な妖怪の世界観がよくあってます。
特に黄泉の国の場面は映像が美しくてこれは劇場で観るべきだったなと後悔。

主演二人の年の差ありすぎ夫婦も、クセのある二人だからか夫婦に見えなくもなくてまた不思議なかんじでした。笑
でもそんな不思議な二人だからかこそ、何があっても自分にはこの人しかいないっていう深い愛を感じたな。
わりとコミカル演技なお二人お似合いでした!笑

最近歌詞をぜんぶ覚えるくらい聴いてる宇多田ヒカルの「あなた」も観た後に聴くとより映画の世界観が浮かんできて素敵でした。
"あなた以外帰る場所は天上天下どこにもない"
Rara

Raraの感想・評価

4.0
妖怪と魔物と幽霊と時々神様と人間が一緒に暮らす世界。
不思議な世界観のはずなのに、そこに違和感やノッキングを感じさせない素晴らしい脚本と役者のみなさんの演技力。
見終わったあと謎の幸福感が胸いっぱいに染み渡る!!!

個人的に安藤サクラさんの死神がすごく印象的。今までの暗い印象の多い役とは違い、明るく能天気でボーイッシュな死神という新しいキャラクターを見事に演じていた安藤サクラさんは素晴らしい役者さんだなと✨
見ていくうちに死神に愛着が湧いてきた(笑)
>|