DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

3.3
堺雅人と高畑充希の年の差夫婦のイチャイチャっぷりが少し恥ずかしく見えました。それに耐えれれば前半は普通に見れる感じです。
ただ時代はいつか全く読めず、昭和なのか?現代なのか?よくわからなかったです。

ただ、後半は和やかな雰囲気の前半とは打って変わり、ファンタジー要素満載で、あのような展開に持っていくには無理があったような気がしました…。
タイトルの意味や前半との伏線などはわかりましたが、少し在り来たりな感じでした。
安藤サクラ演じる死神と中村玉緒演じるキンがすごく良かったです。
U-NEXTにて。


黄泉の国はリメンバーミーを彷彿させた。死後の世界でも家族と暮らせたらいいなー。

あきこと先生のほんわか感が、可愛かった!高畑充希のああゆうキャラ嫌いじゃない(過保護のカホコみたいな)
堺雅人はかっこいい。


ストーリーはうまく行きすぎだろ〜、て感じ。もう少し、天燈鬼との戦いに困難とか盛り上がりがあるとよかったなぁ。
高畑のみっちゃんの演技が、かほこでしかない
かずよ

かずよの感想・評価

5.0
いやー、評判通り面白かったです。
いろんな伏線があって、最後それがきれいにまとまって、ああーそういうことか!と納得した次第です。
個人的にはちょっと軽い感じの死神もよかったんですが、田中泯演じる貧乏神がよかった。
るろうに剣心ではムキムキマッチョの翁を演じた人とは思えないくらい飄々としていてすっごくよかったです。
主題歌の「あなた」も映画を見たあとではまた印象がちがってきて、しんみりと聞き入ってしまいますね。
いやー、本当によかった。
なんか今すっごい鎌倉に行きたい気分。
見るつもりなかったけど勧められたので鑑賞。最初は不安しかなかったけどこういうものだと思って見れば楽しめた。邦画は詳しくないのでよく分からないけど世界観作りは頑張ってる気がした。洋画の見過ぎで邦画に対して偏見があるのと、どうしても洋画と比べて観てしまうのが悩み。どうにかしたい。
りぃ

りぃの感想・評価

3.7
夫婦として最期まで添い遂げることを面白く描かれていた。妖怪可愛いなー
ほっこりした◎
やな

やなの感想・評価

3.0
そういうことかー!っていうのが、ちょこちょこあっておもしろかった☺︎

黄泉の国で、建物が積み重なってる?感じが、リメンバーミーの日本版って感じした。

イメージでいろんなもの作り出せたら楽しそう!(笑)
>|