DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

3.3
堺雅人と高畑充希の年の差夫婦のイチャイチャっぷりが少し恥ずかしく見えました。それに耐えれれば前半は普通に見れる感じです。
ただ時代はいつか全く読めず、昭和なのか?現代なのか?よくわからなかったです。

ただ、後半は和やかな雰囲気の前半とは打って変わり、ファンタジー要素満載で、あのような展開に持っていくには無理があったような気がしました…。
タイトルの意味や前半との伏線などはわかりましたが、少し在り来たりな感じでした。
安藤サクラ演じる死神と中村玉緒演じるキンがすごく良かったです。
ERI

ERIの感想・評価

-
記録

物語も素敵だし
歌もすごく良くって感動。
個人的には安藤サクラさん演じる
死神が引き立っていたと思う。
鎌倉には本当に黄泉の国に
繋がる入口があるのかもしれない。
海眠子

海眠子の感想・評価

4.1
異世界の話としてめちゃんこ好きだった、高畑充希を奥さんにしたいと思うあの感じ
観た人にはわかると思う
A

Aの感想・評価

3.8
世界観が面白かった
tiga

tigaの感想・評価

3.3
映画館で見てきましたが、レンタルでも良かったかなというのが本音です。内容はまあまあ楽しめました。夫婦以外の蛇足的なお話はあまり必要無い気がしました。なぜなら、主役の二人がうまいので二人だけを二時間でも全然見応えがあると思うから。
asm

asmの感想・評価

4.0
こういう雰囲気の映画すき!
鎌倉の生活が羨ましい!
魔物達のキャラクターが良かった。
現代ファンタジーという感じ?

エンディングでの伏線回収がよかった◎
hideharu

hideharuの感想・評価

2.0
2018.5.16 機内上映で鑑賞

これは何なんでしょう。
鎌倉が現世とは別の世界との間って感じで話が展開してますがそれがどうして鎌倉なのかが全く説明がない。「鎌倉ならあり得る」的な投げやり感。

日本が撮るとファンタジーって嘘臭さが溢れてる。なぜか演技も過剰気味で恥ずかしい。

今これを書くにあたって映画の内容を思い出そうとしてもあまり思い出せない、それくらい薄いってことかな。
SANA

SANAの感想・評価

3.7
彼氏と大ゲンカして仲直りした日に、たまたま初デートした映画館で鑑賞。
しみた…大人も子供も楽しめる良い映画。人に優しくいようとおもえる
hirona

hironaの感想・評価

4.8
なんか、夫婦ってこんなに素敵なんだなって夢見たいなお話し。
whiteme

whitemeの感想・評価

2.8
最後がドンデン返し
>|