DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

3.3
堺雅人と高畑充希の年の差夫婦のイチャイチャっぷりが少し恥ずかしく見えました。それに耐えれれば前半は普通に見れる感じです。
ただ時代はいつか全く読めず、昭和なのか?現代なのか?よくわからなかったです。

ただ、後半は和やかな雰囲気の前半とは打って変わり、ファンタジー要素満載で、あのような展開に持っていくには無理があったような気がしました…。
タイトルの意味や前半との伏線などはわかりましたが、少し在り来たりな感じでした。
安藤サクラ演じる死神と中村玉緒演じるキンがすごく良かったです。
映画館で観れて良かった。
非現実的で、ファンタジーなところ、映像が綺麗で、見応えがあった。
夫婦の形がとても素敵で、お互いを思い合っているところが二人に幸せをもたらしてくれたのだと思う。貧乏神も死神もお父さんもお母さんも、本田さんも、女将さんもキンさんもみんな個性豊かで、おもしろくて、優しくて、素晴らしいストーリーでした。自分がもし死んでしまった時どんな運命を迎えるのか、考えさせられた。
takahiro

takahiroの感想・評価

3.2
想像力!
思ってたより面白かった!ほのぼの系🎶
堺雅人の顔芸がグー👍👍👍
Mutsuki

Mutsukiの感想・評価

3.9
夫婦愛に感動した。
shuhei3188

shuhei3188の感想・評価

3.7
限りなくファンタジーなのにVFXすげー。

っていうのは限りなく並みの感想で、
笑える要素アリ、泣ける要素もアリ、
おまけに映像も凄いとあって想像以上に楽しめた。

ストーリーもしっかりしているし
出演者も豪華な面々が勢揃いなので
外すことのない王道感のある作品だった。
アン

アンの感想・評価

4.0
死後の世界とか、生まれ変わり等が分かりやすく映像化されていると感じた。
RisuPon

RisuPonの感想・評価

3.5
期待以上だった!最初の方世界観に慣れるのが難しそうだな〜と思ったけど観てるうちに入り込める。

このレビューはネタバレを含みます

また鎌倉に行きたくなった。

鎌倉と妖気の繋がりは全然知らないから調べ、、


・堺雅人剣さばき意外と良い
・竹刀でてくる時の弦とかもリアル、そして謎の攻撃力。あれは竹刀の形をしたビームサーベル。そこまで相手が油断することを前提としてあの短時間で想像して作った武器なら先生は天才か
・黄泉の国の入り口はパンドラ
・黄泉の国はドクターストレンジかインセプション的な世界だった
・もっと近代的なもの想像しろよ笑
・無駄に電車リアルに想像してんな!
・警察関係者にノーマル人間いねーな!

いや諦めんのはえーだろ!が勝って別れのシーンとかがちょっと、
>|