DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

SyoCINEMA

SyoCINEMAの感想・評価

4.0
とにかく暖かく、清々しく、恥ずかしいくらい愛にまっすぐな映画。画面に愛がいっぱいだ。8回くらい泣いた。

冒頭から夫婦のラブラブぶりが全開だけど、不思議と鼻につかない。「愛する人に『好き』と言うことの何が恥ずかしいのか?」、そんなメッセージが伝わってくるみたいだ。とにかく堺雅人さん・高畑充希さんの相性が良い。この辺りは、山崎貴監督、流石!という感じだ。

彼の作品にはいつも、正直者しか出てこない。僕はその部分が一番の魅力だと思っていて、だから山崎監督の作品は見る者を選ばないし、「この人は、他人にとても優しい」と思えるからとても好きだ。泣き所もストレートに、良いセリフ、良い音楽、良い俳優をまっすぐにぶつけてくる。だから見る側も、純粋に「良い」って思えるというか。本当に素直な作り手さんなんだと思う。

今回もとにかく、変な背伸びも凝りすぎた演出もなく、優しくあったかくファンタジックで素敵。なんだかとっても平和な映画で、見てる間幸せだった。

役者陣で特に素晴らしいのが、高畑充希さん。個人的に彼女の武器だと思うのは、生々しさを役に足せることだと思う。

今回のヒロインも、下手したら痛いキャラになってしまうのに、そうならない。彼女が肉体を与えているからだ。
まず、セリフが浮かない。そして、アドリブもあるのかもだけど、素の言葉を混ぜてくる。そして、仕草に普通の人間が普段しているものを必ず入れてくる。なんというか、素晴らしい女優さんでありながら、一般人としてそこにいられる度量を持っているのだ。

そして彼女の必殺技は、泣きの演技だと思う。元々頑張りすぎちゃって痛々しい役が得意な方だと思うけど、本作でも「いつ恋」なんかでも、「泣くのを我慢するのに我慢しきれずに涙がこぼれる」演技が本当に上手い。そしてそれを山崎監督もしっかりわかっていて、きっちり入れてきている。そして僕も滝のように泣く、と。

なんだか、作品によって浄化されたような心持ちになった。素直な作品はとても気持ちが良い。宇多田ヒカルさんの「あなた」も最高だった。エンドロールでまで泣かせる。
三丁目の夕日もだけど、なんで原題をサブタイみたいな扱いにしてわざわざ最初に英単語つけるのか。謎は深まるばかり・・・。

作品は期待してなかった分、世界観が結構良い感じで独特の心地よい雰囲気を醸し出してた。

お茶碗に乗って飛び回るシーンは絶対いらんかった。あんな棒読みの感嘆声がを聞くくらいなら・・・
ma7

ma7の感想・評価

4.3
記録。
思ったよりファンタジー感無かった
機内鑑賞4作目

世界観がよかった
そして何より高畑充希がかわいいし、キャラもドストライクだったから、それだけで見てよかったです!

鎌倉に住みたい
shiosai

shiosaiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

高畑充希がただひたすら可愛い映画
堺雅人も高畑充希も好きな役者な上に二人でほっこりする夫婦を演じてるのが最高に良い。本当ほっこり。可愛い夫婦です。年の差ってのもくるグッとくる。
ハートフル系ね、人との繋がりとか、縁といいますか。ほっこりはします。

それ以外はイマイチ。
なぜこんなに評価が高いのかなぁなんて、思ってしまう。
世界観もすっごく作り込んであったり、CGもすごいし、伏線も張りつつ回収しつつなのだけど、いかんせん長く感じてしまって。なんだかそのくだりいらなそうとかいうのが多いというか。
とにかく長い
いつ終わるんだろうって思ってしまった。
最初設定とか面白いなぁ、と見ていただけ残念。
世界観とか、設定はとっても面白いしファンタジーでワクワクするところもあるのに、なんだかダラダラと展開していくようなところが退屈でした。

とにかく高畑充希がただただ可愛い(大事なことなので2度言う
あんな奥さんが欲しい結婚して

安藤サクラもキレッキレです。
ノリ最高。
ダイゴ

ダイゴの感想・評価

5.0
めちゃくちゃよかった。夫婦愛にほっこりした。
世界観が千と千尋っぽいし出てくる魔物がスターウォーズっぽいしそういうところも楽しめた。
二郎

二郎の感想・評価

3.5
高畑充希の奥さん役が可愛い!
世界観は好きだけど、黄泉の国に行ってからの物足りなさがある。
意外と面白かった〜この夫婦可愛すぎる、、黄泉の国がきれい
>|