DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

mana

manaの感想・評価

-
あんな感じで死神さんが迎えにきてくれて、江ノ電で連れて行ってくれるなら黄泉の国も悪くないです。
Shgmts

Shgmtsの感想・評価

3.1
引き裂かれるところ泣いた〜😢
夫婦の間に流れる雰囲気にほっこり。
最後の方にかなり壮大なファンタジーになるのは意外でした🙄
映像も音楽もすごくいい感じなのに
内容がとても子供向けな感じ👶
ALWAYSファミリーでぶっとんだストーリーだったけど見応えはあったよ笑
Kawatang

Kawatangの感想・評価

3.5
タイトルに、なるほど。

高畑充希の、年下の可愛い奥様っぷりがすごい。
hinano

hinanoの感想・評価

-
懐かしい
ゆうま

ゆうまの感想・評価

4.0
数年後見直したらまた印象が違いそう
感動
また見たい
終盤展開が早い
mK

mKの感想・評価

3.5
そこそこの映像表現と世界観。映画館で観るべき。
Clear

Clearの感想・評価

4.5
なにこの多幸感。
思ってたよりもファンタジー要素が強くて夢があった。
黄泉の国で先に逝ってた人たちが迎えにきてくれてるの良いなぁ。自分の家族のことも考えさせられる。
>|