DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

mana

manaの感想・評価

-
あんな感じで死神さんが迎えにきてくれて、江ノ電で連れて行ってくれるなら黄泉の国も悪くないです。
calvary

calvaryの感想・評価

2.6
2018 105本目
鎌倉感が無い!
時代設定がまったく無い!
100円ショップ?
要するにつまらなかった!
以上!
死を覚悟した。
jitsumon

jitsumonの感想・評価

2.2
子供にも楽しめる映画とは思う。
全体的にダラダラした展開は余り好きではなく、主人公夫婦以外の役が皆ゲスト出演的な作風も映画を客観視してしまった原因かもしれない。

黄泉の国の世界観も違う作品で見たような物だったのが残念。鎌倉もそこまで鎌倉感じませんでした。
ぽん

ぽんの感想・評価

1.5
妖怪ファンタジー×鎌倉×出演陣につられて見たけどヒロインのキャラが無理
宇多田ヒカルの歌がすごいよかった

殺傷能力のある武器一切出てこなかったのは想像力の元の人の性格が良すぎるのか
ちろ

ちろの感想・評価

3.5
ハワイアン航空の機内にて。
面白かったけど、あと一歩!って感じ😅
堺雅人の演技は好きだなぁ〜と。
雰囲気とか前世からの愛みたいのはとても良かったんだけどね、なんだろう、何か物足りない感と言うか、ありきたり感と言うか、、、(笑)
okimee

okimeeの感想・評価

3.4
キューバからの帰り。トロント→羽田間で。
時代がいつなのかわからなかった。
ファンタジーだから時代なんてなくていいのか。。

宇多田ヒカルのエンディングに流れる各時代の置物や掛け軸にうるっときた。
たろす

たろすの感想・評価

3.2
もっとファンタジーしてるかと思ったけど最初と最後以外は普通だった。
でも宇多田ヒカルが流れ出せばオールオッケー。
kamotaro

kamotaroの感想・評価

3.8
ジブリ感が半端ない。
楽しかった。
>|