私は絶対許さないの作品情報・感想・評価

私は絶対許さない2018年製作の映画)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

東北地方の田舎で育った中学3年生の葉子(西川可奈子)は、メガネに化粧っ気のない素朴な女の子。厳格な父(友川カズキ)と、女々しく意地悪な母(美保純)と、優しいがどこか他人事の様に接する祖母(白川和子)と、小さな弟と妹に囲まれて平凡に暮らしていた。 あの日までは……。 年末、若い男達に無理やり輪姦されたのだった。元旦に全身傷だらけで帰宅した葉子を待ち受けていたものは、冷たく突き放す家族と親戚だ…

東北地方の田舎で育った中学3年生の葉子(西川可奈子)は、メガネに化粧っ気のない素朴な女の子。厳格な父(友川カズキ)と、女々しく意地悪な母(美保純)と、優しいがどこか他人事の様に接する祖母(白川和子)と、小さな弟と妹に囲まれて平凡に暮らしていた。 あの日までは……。 年末、若い男達に無理やり輪姦されたのだった。元旦に全身傷だらけで帰宅した葉子を待ち受けていたものは、冷たく突き放す家族と親戚だけだった。体のみならず、心もズタズタにされ、天涯孤独の様な気持ちだった。ひょんなことからレイプ犯の一人である若者の養父・早田(隆大介)と出会い、援助交際という名の契約を交わす。どうせ私は傷物なんだから……。 冬休み明けの学校でも、瞬く間に輪姦された噂は広まり、イジメが始まった。その間も援助交際でコツコツと大金を稼ぐ葉子。一刻も早くこの地獄から自力で抜け出すために。そしていつか、あの男達に復讐するために……。 そんな体験を実際に持つ雪村葉子さんが35歳になって執筆した手記を元に、その半生をたどる衝撃のストーリー。彼女は日々何を見て、何を感じ、何に対して復讐しているのか。あの男達への思いは……。

「私は絶対許さない」に投稿された感想・評価

レイプ、それも集団レイプをモチーフにした作品というと、主演女優賞や作品賞に輝いた「告発の行方」、「さよなら渓谷」、「ポエトリーアグネスの詩」等があるが、実際に性暴力被害を受けた雪村葉子さんの手記を精神科医でもある和田秀樹監督が映画化した本作は、それらの作品と一線を画す。
この作品の最大の特長は、被害者であるヒロインを軸とした展開だけでなく、その目線カメラで映像が繰り広げられているところ。
だから冒頭に出て来るショッキングなシークエンスは、恰も観客も同じ目に遭っているようなリアルな臨場感がある。
描かれた性暴力被害後のヒロインの扱いを観ていて、日本は立法・司法・行政の機関において被害者への支援システムが無く、何故このように冷たいのかと思う。
本作においては、仲の良かったクラスメイトが手の平を返して苛め、本来、救いの手を差し伸べるべき家族が逆に彼女の深い傷口に塩を塗って追い込んでいく。
四面楚歌、無間地獄のような状況にいる彼女だったが、ある偶然の出会いからそこから抜け出る糸口を見出していく。
映画の中で「15歳の元日、私は死んだ」という衝撃的なテロップや台詞が出て来るが、この作品は不条理にも地獄に落とされた彼女が、加害者たちへの「私は絶対許さない」という怒りを糧に、恰も身体を汚した男たちに復讐するみたいに風俗という「泥水稼業」で逞しく生き抜こうとする姿を描こうとしている。
このヒロインの学生時代を西川可奈子さんが、長じてからは平塚千瑛さんが体当たりの演技で、それを佐野史郎さん、美保純さん、隆大介さん等のベテランキャストたちが支えている。
紆余曲折の末に彼女が見出した生き方は、劇中に出てくるマクベスの「きれいはきたない、きたないはきれい」の呪文のように二面性を感じさせる。
1号

1号の感想・評価

-
迷った末に、観に行った。これほど過酷な体験をした女性がどのようにその後の人生を生きるのかに関心があった。
観るのに体力と覚悟が要る映画です。レイプは言うに及ばず、家庭や学校での悪意、居場所のなさ、どれかひとつでも少女を壊すに十分すぎる。適切なケアもされない彼女が、メンタルに支障をきたすのも、自暴自棄になるのも必然。ひどい選択をしているようですが、責められるわけもなく、生き延びただけでもすごいと思います。

映画としての演出や演技に思うところがあるのは事実でも、そこに突っ込み入れる気力は失いました。。
ただ、社会派映画だと思っていたので、ふだん映画館では見慣れない感じのおじさんが多数を占めていたのにはかなり引きました。たまたまなのか…。世の中に潔癖性など求めてはいませんが、これが娯楽?として消費されているのだとしたら、さずがに絶望的に根が深いし、嫌悪感しかありません。
Saku

Sakuの感想・評価

3.3
2本立て、2作品目。ミスミソウ後鑑賞
しんどかった。
実話に基づいたものらしく、中学で地元のヤンキーにレイプされてからの第2の人生が描かれてる。
ミスミソウ観た直後だったからグロいのはもう勘弁って感じで観てたらスプラッターじゃないと確信して安堵したのも束の間、基本的にカメラアングルが少女の視点で展開されていて序盤からクソ野郎どもに犯される女性の気持ちにならざるを得なかった。本当に強姦はクソだ。
その後も家族だったり友人だったり客だったりクソ野郎が続々と出てくるんだけど(やはりここもはじめの舞台が田舎で田舎ってこわいなとなった)一件から主人公の人生が狂ったようにみえて、周囲の環境のクソさから、一件が無くてもいずれこうなってたのではないかと思った。
これもうネタバレとかないと思うから書くけど、初めは主人公を回した奴ら含め男共を37564にする的な感じで出たのに紆余曲折を経て、ラストはSMプレイヤーとなって夜の男をあるいみ復讐してる様には失意の笑みを浮かべずにはいられなかった。
最後にあー、あの人の話かって気づきました。以前深夜番組で見た気がします。
ゴールがそーゆーことなら特に感動もせんし、何を伝えたいのかもよーわからん。世の中の男は皆敵です!ってことなの?んー?話題性だけの映画だったのか?

?です。

このレビューはネタバレを含みます

主人公目線の視野で基本的に話しが展開される。

とにかく、生々しい。彼女があの集団に会わなければ…と思ってしまう。


そして、佐野史郎さんの安定感、流石です
映画にするんならそこまで台詞で語らせなくていい。
記録。
タイトルから勝手に予想していたイメージとは違いました…
実話の扱い方は難しい。
全編POV映画、レイプ被害者の話だけど、オチでこの映画のメッセージが何なのか一気に分からなくなってしまったのが勿体ない。実話だからしゃーないか
ごみ

ごみの感想・評価

-
一人称の視点からでリアル
小説では描かれていない部分もあったので見てよかったです( ´∵` )
加害者が本名らしいのがすごい
主観映像で、レイプシーンが、リアルでした。
その後の心理描写も上手く描かれてました‼
>|