まぁ

バトル・オブ・ザ・セクシーズのまぁのレビュー・感想・評価

4.0
漫画、アニメで「エースをねらえ」を夢中になって読み、観ていたので…キング夫人の事は知っていた…

でも…彼女が「性差別」と闘っていたとは…本作を観るまで知らなかった…

70年代…まだ女性の地位が低かった時代…
同じ大会で優勝しても…男性とは「賞金金額」が違う…
そこで立ち上がるキング夫人初め、女性プレイヤーたち…☆

彼女たちは…「お金が欲しい」というより…「女性にも人権がある」
「女性にも敬意を払って欲しい」…と願っていたんだな…と思う…♡

男性には「力」では及ばないかもしれない…
でも…「女性だから」…という理由だけで…これ程の「差」があった事に…
同じ「女性」として…とても腹立たしく思ったし…悲しい気持ちになった…(涙)

「男女平等」と言われている「現在でも」…未だ残っている「性差別」…(涙)
でも…この作品を観て…元気や勇気を貰った…♡

ラストの試合のシーン…映画を観ていれば「結果」は分かるけれど…
「スカッと」した…♡
…と同時に…「ここまで来るのに…どれ程の想いをしたのだろう」…と…考えると…胸が苦しくなる…

…女性は…「台所と寝室にいれば良い」…
何回か出てきたこの言葉…
正直「ムカ‼︎」っと…なった…(怒)

LGBTQの問題にも踏み込んでいて…
…正直驚いたけれど…
とても見応えがある作品だった…(o^^o)