バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。 女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。 待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”と…

1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。 女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。 待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビーだ。ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは? 全世界が見守るなか、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い” が幕を開ける──

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

たろ

たろの感想・評価

3.6
強い女性の物語。男尊女卑の色濃い時代に立ち上がり奮闘した女子テニス選手ビリー・ジーン・キング。これが実話だとは。前知識なしでも面白くて、上海行きの飛行機の中で一人興奮した。最後は機内で思わずガッツポーズ(隣の人寝てたから)。

ビリー・ジーンについてもテニスについても疎くて、この話はこの映画で初めて知ったのですが凄い女性がいたもんだ。脚色は多々あるとは思うけれど、女性が男性よりも下に見られることが当たり前の世界で立ち上がる勇気。

ラストまでのくだりが少しテンポ遅い感じもするけど、ゆっくりじっくり描くのでラストの感情移入がしやすい。LBGTにも触れるとは思ってなかったので、いきなり女性同士でいい雰囲気になった時は若干戸惑いました…。にしても旦那が良い人すぎるぞ!!本当に旦那が良い人!!!

女は男よりも下と思っている男性が全て悪いんじゃない、悲しくもこの時代はそれが当たり前だった。その中でテニスにおいても同じ試合でも賞金等は当たり前に女性は少なかった。

スティーヴ・カレルはモヤモヤするけど憎めない感じで良かったなぁ。周りの男性は女性を完全に下に見ていて本当にムカつくけれど、彼はきっと純粋にギャンブル狂だった。笑 でもこの対戦にプロ男性vs女性をやったら話題が取れる、お金が動くと考えることに至ったのはやっぱり根深く男尊女卑が根付いていたからだと思うのでやっぱりモヤモヤするな。

エマストーンは、これは本当にエマストーンだったのかを疑うレベルで凄かった。メイクや髪型、雰囲気を変えるとここまで人は変わるのかということにも驚いたし、何より演技が素晴らしかった。何が何でもという迫真に迫る勢い、最後の涙は感動した。この映画のためにテニスを猛練習したらしいけど、その点も含めてもう凄いとしか言えなかった。アカデミー主演女優賞V2を期待してる。
豪州旅行からの帰りの飛行機で鑑賞。
男女差別の実話物で、おっさんテニスプレイヤーのボビーがヒールだと思っていたが、なかなかどうして。スティーブ・カレルが演じるボビーが愛らしいのなんのって。
ウィンブルドンの栄光は遥か彼方。お腹はでっぷり、ギャンブル依存症で懸けテニスに興じ、妻からはそっぽを向かれる始末。人生はギャンブルだ!と喝破し、女性トッププレイヤーとのマッチメイクを自ら行う。
彼の目的は女性を貶すことではなく、自らの威信を取り戻すこと。彼の武器はショーマンシップ。徹底的に道化師役になることでスポンサーと観客を集める。見事なギャンブラーだ。

対する、女性チャンプのビリー・ジーン・キング。
冒頭のシーンで彼女はテニスプレイヤーの男女賞金格差の是正を訴える。観客は男性の決勝と同じくらい集まっていると主張するビリーに対し、男性と女性の実力差が違うことが賞金差に表れていると聞く耳を持たないテニス協会。スポンサーは何に対して対価を支払っているかという2つの考え方の対立。

ボビーとビリーの対決が行われたのは、アストロズの本拠地アストロドーム。なんと集まった観客は3万人。これだけの観客を集め、なおかつボビーを叩きのめすことで、ビリーはテニス協会をぎゃふんと言わせたのだ。実に痛快な実話。

LGBTの話も実話なのだけれども、その二者間ではなく、夫の健気さに心を奪われたな。
tulipette

tulipetteの感想・評価

3.5
母と。テニスも性差別反対の運動もあまり興味のある分野じゃないうえに、同性愛の出てくる話は苦手なはずだったけど、そういうのを抜きにしてもなかなか感動的で良かった。
KAORI

KAORIの感想・評価

3.6
#まちゃお802
ほんの少し前のことなのに、アメリカでこんなにも女性蔑視が色濃かった事がいちばんの衝撃。でも主人公だけでなくそれに対して戦ってきた人達がいたから今の時代がある。今でこそこんなに注目されて、理解が少しずつ深まりつつあるLGBTに関しては、あの時代初歩の初歩。でも時代は少しずつ変わっていく。自分の気持ちに正直に、立ち向かった女性がいたことを同じ女性として誇りに思える作品。
トランプ政権や新潮45を思い起こしつつ鑑賞。

生き方や家族、愛と、社会や自分との闘いが描かれていて深く感じ入りました。マリリンと出会ったシーンの表情がまさしく愛が始まる瞬間で、素晴らしかったですね。終盤の試合は見応えがあり、終わった後互いに独りきりのシーンが巧かったです。しかし旦那はいい人過ぎるなぁ。

「いつか自由に愛せる時が来る」(ウロ覚え) 一選手として、一女性として声を上げたビリー・ジーン・キング氏は本当にカッコいい!そしてスティーブ・カレルが実際のボビーと(寄せてるのは承知だけど)激似で驚きました…。
あんなに堂々と男性資本主義を掲げれることができた時代が想像できないけど、
それは彼女やいろんな人が苦しい思いをして成し遂げてくれたことがあるから。

力とかお金とか外見ではなく、
自分が何かよりも優位にいると無条件で考えてる男たちへはもっとスカッとさせる終わりがあっても良かったと思う。

それに自分が経験したことないことを経験しているについては想像すらできない人は男女関係なく未だに多い。
MeiSuzuki

MeiSuzukiの感想・評価

3.8
最後のゲイのデザイナーとの会話がしみじみ。
みつこ

みつこの感想・評価

3.3
性差別について。
女だから男だからと、出来る出来ないを勝手に判断されるのは気にくわないけどその判断基準の線引きは難しいよなー

マリリンが可愛かった
Kei

Keiの感想・評価

3.8
おもしろかった!
観賞後、いっしょに見たひとと議論したことは男女の戦いについてではなく、
夫婦間系とはなにか、やるべきことがある人の生き方についてだった。
Battle of Sex じゃねーじゃん!笑
panpie

panpieの感想・評価

3.8
USオープンが終わった。
男子はノバク・ジョコビッチ、女子は日本人初の大坂なおみが優勝した。
ニューヨークで行われるテニス4大大会の一つ。
ジョコビッチが勝利を収めたコートはビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われたそうだ。
ビリー・ジーン・キングの名前がコートに残っているなんて!
実はこの有名なビリー・ジーン・キングの事もボビー・リッグスの事もこの試合の事も私は何も知らなかった。
何という映画なんだろう。
男vs女のテニスの試合があったなんて前代未聞だ。
しかし大真面目に実際にあった事なんだ。

50歳を過ぎたボビー・リッグスが何を血迷ったのか当時女子テニス界で実力ナンバーワンだった若きビリー・ジーン・キングに指名試合を挑む。
〝男vs女〟でテニスの一番を決める?
ちゃんちゃおかしいのだけど当時は大真面目に議論されて実際にあった事だと思うと笑うわけにはいかず驚いた。
いつの時代においても叫ばれていた事だ。
〝女は男より劣る〟
〝女に何が出来る〟
〝女のくせに〟
何がそんなに女性より男性が優っていると言うの?
女性の当時の大会の優勝賞金が男性の1/8だったなんて!

ウーマンリブは1960年代後半にアメリカで始まりその後世界中を吹き荒れた女性解放運動を指す。
その昔女が一緒だと穢れると三度の飯も同じ食卓で食べる事が日本でも許されなかった時代があった。
それからみると随分と今は良くなった様に思うけど働いている時や日常のやりとりでは殆ど感じないが政治家の男尊女卑的な発言で今尚差別を感じる事が時々ある。
男女雇用機会均等法が制定されてから思う事は何もかも男女は同じ物差しで測られる事は逆に平等ではないと思う事。
男にしか出来ない事があるし女にしか出来ない事もあると思う。
でも少し前に発覚した東京医大の女子を不合格にしていたという事実もこの現代において未だ男尊女卑が続いている事を示すと思う。

ウィンブルドンで過去に優勝した選手を調べていたらその中に確かにいた。
1939年男子の優勝者はボビー・リッグスだった。
1940〜1945年まで戦争でコートか焼かれ試合は行われなかった。
1939年に優勝したボビー・リッグスはその頃脂が乗っていたのだとしたら事実上選手生命を絶たれた事になる。
何という不運!
一度スターダムにのし上がったらまたあの栄光を味わいたいのも分からない訳ではない。
きをてらったとしても人々の話題に登りたかっただけなのか?
今作の後に観た「ボルグ/マッケンロー」では彼等は天才であったが運も持ち合わせておりボビー・リッグスのあまりの不運に心から同情した。

本物の男尊女卑野郎だったら絶対に負けないように練習に練習を重ねてけちょんけちょんにやっつけてやると必ず勝つ事に執念を燃やしそうなものなのに連日パーティだったりインタビューや写真を撮ったり試合前に話題作りに忙しそうだったボビー・リッグス。
カウチに寝そべり裸でラケットを持った写真はびっくりする程本人にそっくりで笑ってしまった。
スティーブ・カレルの役作り、凄いな!
賭け事が好きで離婚寸前だったけど試合を見に来た奥さんとその後よりを戻して本当に良かった。
クズな面も知っていたけどあの時負けてボロボロになったボビーを捨てなかった妻を好演していた
エリザベス・シューが良かった。
彼女を知ったのはCSIラスベガスでジュリー・フィンレー役。
今作で彼女にまた会えるとは思ってなくてそこも嬉しかった。
テニス経験が全くなかったのにビリー・ジーン・キングを演じたエマ・ストーンの肉体改革に驚いた。
「ラ・ラ・ランド」で華奢なエマ・ストーンは何処に行ったの?て位驚いた。
顔付きもなんだか別人だったし。
エマ・ストーンもビリー・ジーン・キングになかなか寄せてきていた。
ただ残念だったのが「ボルグ/マッケンロー」のプレーシーンはプロのショットで撮られており鮮やかだったけどそれがなかった様に感じた。
ボルグとマッケンローを演じた二人よりあまりプレースタイルを追求してなかったように思う。
本物のプレーを見た訳ではないけどちょっと素人見でも分かるくらいお粗末に見えた。
後半の試合が素人試合にしか見えず私の中で盛り上がらなかった。

まぁ、そんな事より男対女というよりありとキリギリスの物語じゃないかと思ってしまった。
サプリメントばかり飲んで練習しないで遊んでばかりいたボビー・リッグスがキリギリスにしか見えなかった。
ボビー・リッグスは真面目に練習を積んで身体を鍛え上げ試合に備えればおじさんだったけど元はウィンブルドンの覇者だったのだからもしかしたら若いビリー・ジーン・キングに勝ったかもしれないし勝てなかったとしても意外といい所まで行ったのかもしれない。
そしてビリー・ジーン・キングは今日のLGBTの礎を築いた一人だと描いているが何か最後に取ってつけた感は否めず鑑賞後散漫な印象を持った。
でも偉大なテニスプレイヤーの二人を知る事が出来たし何よりボビー・リッグスのカウチでのヌード写真を見られて良かった。笑
本当にそっくり。笑笑
テニスものとしては私は「ボルグ/マッケンロー」の方に軍配が上がったけど貴重なテニス秘話を知る事が出来て良かったと思っている。
>|