バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

やんぬ

やんぬの感想・評価

3.0
飛行機の中の時間潰しとしては良かった!笑
飾りっ気のないノーメイク?なエマストーンなんだけど、とても似合っていた。
女は化粧とファッションで化けるんだな、と内容よりもこっちに注目してしまった。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.9
男性至上主義のブタが良い味出てます。
そのショーマンシップの高さは、守銭奴を演じるメイウェザーに近いものを感じます。ただの悪役として描かなかったバランス感覚、脚本、配役が良かったです。
くどー

くどーの感想・評価

4.0
女性の人権や性的マイノリティの為に戦ってきた人は何も最近だけじゃなく昔からいたのだと思わされた。
ソプラ

ソプラの感想・評価

4.0
スポーツや、テニスには
あまり興味ないけど
全然普通に楽しめた!
ルールはだいたいマリオテニスしてたからわかるねん◀︎

エマ・ストーンの役が見た目は
地味やなー
ておもてたら、実際にあった伝説
もとにしてたんか!なっとく。

男女平等どころか格差ありすぎた
時代をかえようと、しながら
色んなものと戦うジーンさんの生き様にジーン、、、

僕も頑張ろう!
lalala

lalalaの感想・評価

4.0
エマストーンが凄すぎる。彼女の出演作は7本くらい観てますが、毎回印象的で、惹きつけられてしまいます。本作でもその熱演観ることができました。またそれを引き立てる撮影方法や色あざやかなシーン、良作でした。ブルーレイで観てよかった。
砂場

砂場の感想・評価

4.0
でる映画によって可愛くもブサイクにも見えるエマストーン。本作は可愛い!

このレビューはネタバレを含みます

ビリーの初期衝動は、貧しい子供時代に、母の手作りのテニスウェアをバカにされたこと。
それが、物語を通してうまく活かされていないように感じ、あまり楽しめなかった。

「性の多様性」が本筋のテーマなんだろうけど、個人的には、常にトップを維持し続ける動機、ボビーとの勝負を受ける気持ちに変化した動機をストレートに描いて欲しかった(だって、ボビーは劇中でも言われている通り、ただの金儲け主義の道化)。

スポ根ムービーとして見ようとしたのが間違いだったか…

ビリーのご主人の神対応が完璧だったのが微笑ましい。
あと、美容師の女の子の自由奔放そうなキャラがうまく立っていた。
wako

wakoの感想・評価

3.0
もっとラリーはらはらしても良かった。
KUJIRA

KUJIRAの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

テニスには疎いので、プレーの質は分からず。ビリー ジーン役のエマ ストーンは期待通りの高い演技力を見せつけて来る。ボビー役の人も素晴らしい。
女性同士の求め合うシーンの描き方が好印象。美化していないし、エロ過ぎ無い。それでいて性的欲求が爆発しているのが伝わって来る。何と言うか、自然だ。
あの時代に同性愛に目覚めてしまう葛藤が生々しい。旦那にバレたシーンは息が詰まりそうだった。
旦那と女の恋人が一緒の場面では、気まずさと受け止める気持ちの交雑具合がソワソワする。
旦那が典型的なハンサムかつ超絶良い奴。
ビリージーンのカッコ良さが満開。
ボビーの奥さんも綺麗で印象的。
女子テニスプレイヤー仲間のメンツが濃そうだったが、掘り下げる尺が無い。
肝心のボビー対ビリージーンの試合の描き方が淡白。
エアロスミスの「DREAM ON」を散々に予告で流しておきながら、本編では流れないやつ。前もエアロスミスで、こんなことあったような。こう言うCMソング詐欺は勘弁。
kaoruyajim

kaoruyajimの感想・評価

4.0
スティーブカレルの顔真似はいつもすごい。アメリカの神無月。
>|