バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

Eee

Eeeの感想・評価

4.3
Billie Jean King
こんな女性が存在したことを知らなかった自分がひたすらに恥ずかしい。

しかしテニスに関して殆ど知識を持ち合わせてない人間でも十分に堪能できる一本でした。

大々的に社会を巻き込んだ大胆な運動。女性という立場が当然のように卑下される社会に、そして人を愛する自由が歪められる社会に、漠然と疑問を抱いて真っ向から立ち向かう姿。あんなものを見せられたら、誰もが自分を見つめ直して恥じることでしょう。

それでもたぶん、突きつけられる問題って、現代になっても大して変わらない。
これだけ色んな情報が目まぐるしく行き交ってショート寸前で突き進むような社会なのに。問題が片付くスピードは全く比例しない。
何が変わったか?でなく 彼女達がどう動いて、何を提起したのか知るだけでも十二分に意義があるのかもしれない。
爽快感だけじゃなくて、これからの我々へ使命感や責任感も突きつけられるような2時間でした。

とはいえ主演から脇役まで俳優を活かしきる脚本、コメディ要素もばっちりだったし、後半の試合シーンからクライマックスにかけては、本当に観戦しているような臨場感で楽しかった!
沸き立つ観衆と聴かせどころバッチリの音楽、“タイタンズを忘れない” を彷彿とするような熱気を感じました。
スポーツの持つ影響力を駆使して人々を動かすって、一番手っ取り早い気がする。

あとはこの手の内容にしてはしっかりしたボリュームだなぁと構えていたら、あっという間にエンドロール。構成がしっかりと尺にはまってる。

展開に合わせてそっと手を引くような劇中の音楽の使い方も絶妙に巧くて、サントラにも手が出そう。

時を経てもふたたび再評価してもらえるような内容じゃないかと。

とにかく久々に質の良い一本を劇場で観られて満足。バックグラウンドも補習してからじっくり観直したい。
テニスや女性差別、LGBT系の実話ベース。
ストーリーのメインとなる男vs女のテニスの試合まではすばらしい俳優たちの繊細な名演技でなかなかおもしろかったです。
テニスの試合シーンがかなり残念な仕上がりに感じましたね。まあ、監督的にはそこのシーンに重きを置いていなかったのかもしれませんが。

強いと周囲に思われている女は影で1人で泣くモンです。わかるわぁ〜w
Mighty

Mightyの感想・評価

4.0
映画の最後には泣いてしまいました。
THE HELP!の時のように、時代に立ち向かう姿を演じるエマストーンはいつだってカッコいいし魅力的に思えます。
女性が優れてるじゃなくて、女性も男性と同じ価値があることを分かってほしい
自分のお母さんのことを、
男じゃないからって理由でお父さんより劣ってると思う??
自分のお母さん、娘、姉妹にも、その男性至上主義の考えを当てはめられる??
まさにその通りだと思いました。
Uji

Ujiの感想・評価

4.4
エンドロールで流れる、実際のビリー・ジーン・キングとボビー・リッグス。
実際の写真を見て、エマ・ストーンとスティーブ・カレルの役作りの完成度に感動する。
特にスティーブ・カレルはそのものに見えました。

さて、物語。
テニスを通じて、男性至上主義の世の中と闘ったビリー・ジーン・キング。この映画を通じて、彼女の存在と偉大さは初めて知りました。
彼女のその闘いの裏側に、こんな話が隠されていたとは。
女性が自分達の権利を主張する話(映画)は数多く見てきたけど、その中でもかなり面白かったです。

最後のビリーとボビーの試合は胸熱だったな。試合が終盤に近づくにつれて目頭が熱くなった。
コーディネーターのセリフとかも色々よかったな。

この映画がなんでこんなにも公開劇場が少ないのか、納得できないわ。
とがり

とがりの感想・評価

3.5
男性至上主義のブタVSスネ毛フェミニスト(剃ってる)、1973年の歴史に残るテニス男女マッチの舞台裏と顛末を描いたドラマ映画。

70年代のこれぞ古き良きアメリカ!という感じの小道具に支えられながらテンポよく進行していき、面白かった。
良く言えばそつのない洗練された映画、悪く言えば色々あっさりしていて引っかかるものがあまりない、という印象。

ビリー・ジーン・キングの夫ラリーがめちゃくちゃ良い人で泣ける。
3万人の観客が 総立ち

900万人の 視聴者が 固唾を呑む

男 対 女 世紀の一戦

テニス界のグランドスラマー
女王 【 ビリー ジーン キング 】
VS
テニス界の殿堂入り男
【 ボビー リッグス 】

ビリーは ウーマンリブと女子テニスの為に
ボビーは 男性至上主義を満天下に示す為
二人は男女のメンツをかけて 戦う

絶対に負けられない戦い

【 ビリー、気をつけて
世界が 全てを許すわけがない 】
この言葉が この時代 70年代の雰囲気だろう 拭いがたい男女の格差

【 女が上とは 言ってない
敬意を払って 欲しいだけ 】

試合は 白熱した
一進一退
55歳 シニアのボビーは 次第に押される
スポンサーのロゴ入りウエアを
脱ぎ捨てる
本気の ガチンコマッチだ!
果たして勝者は!


インタビュー前、彼女は 一人 泣いた
全女性を代表して どれほどのプレッシャーだったのか

僕は ボビーにも拍手を送りたい
【 女は台所にいろ 】
確かに 彼は 今 口にしたら大問題になるような発言をした
それは、この時代の背景を加味して
差し引くべきだろう
彼も全男性を代表して プレッシャーの中
戦った

インタビューを前に

【 まだ 心の準備が 】
【 準備は できているはずだ
世界が変わる
いつか 僕らは ありのままで いられる
今は、皆と勝利を祝おう 】

ボビーは 最愛の元妻と 復縁した







ルーク

ルークの感想・評価

3.8
男女差別的な内容だけかと思って見たがもう一つのテーマもあってびっくり🤭女子も凄いが55歳の男性も凄い私はテニスではなく卓球してるので卓球はテニス程男女体格の差はないかも?実話だけどアレンジしたのを見てみたい!
kagikkt

kagikktの感想・評価

3.8
女子テニスにこんな歴史があったのを知らなかった。

エマストーンは忠実に再現してすごい。
記録
幼稚園か小学校時代の出来事です。自身が女子選手で憶えてるのはナブラチロワとかかな。
再現性さすがですね。また、エンターテイメントにするのがアメリカ的ですね。
どんなジャンルでも実録に勝るものはないですね。
KarimF

KarimFの感想・評価

3.6
すごく忠実に再現されてた!それぞれにドラマがあっておもしろかった。
>|