バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

あらすじ

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

Atsushi

Atsushiの感想・評価

3.0
面白かったんだけど、今論点そこなの?って思うところ多かったし、演出が全部オチに向かうための予定調和だったなーって感じは否めない。
新文芸坐で、見逃していた『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を。
70年代を舞台にし、なおかつ70年代映画のザラついた感触をスクリーンに取り戻しているような奇妙な、大変面白い映画だった。スティーヴ・カレルの演じた楽しくてかわいい悪役が忘れ難い。
この題名から、男と女のテニスでの戦いを描いた作品と思ったら、ちょっと違いました。
この時代で主人公と同じ事やっていたら、プロスポーツの選手として死活問題になるスキャンダルです。
主人公の旦那、良い人で、良いパートナーなのにと思ったのに。
相手のシニアプロの名選手とのやりとり、「ロッキー」のボクシング世界王者のアポロ・クリードと、ロッキー・バルボアのやり取りを思わせました。
女子テニスの選手の地位向上ともう1つの裏テーマの先駆けの名選手ですね。
主演の二人熱演してました。
完全にヒールに徹しきれないボビーはどこか憎めないところがあって、本当に良いキャラだと思う。
ラスト手前のシーンは、男女の壁を乗り越えて、ジェンダーの問題が次のステップへ進むことを暗示しているようだった。
michiyo

michiyoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

全然テニスに興味ないし期待もしていなかったけど、楽しめた。
ジャンル分けがコメディになっていたけど、これコメディかな?なぞ。

ラストの試合は良かったけど、なんで最後泣いてたのか理解力や想像力に欠けるせいでよくわからない部分だった。

エマ・ストーン好きだけど、ヘルプに次ぐ良き作品。
まな

まなの感想・評価

4.0
もうひとつの性差を超えた戦いもあったとは。
nozariso

nozarisoの感想・評価

3.2
なんだか可能性が広がるよな、広がらないような。。
ii

iiの感想・評価

4.0
この映画好きや。そしてこのエマストーンなんか狂おしいほど愛らしいわ。なんか、なんでやろな。
不快極まりない差別主義者の呆れた言動を跳ね返す、スポーツの熱気。

肉体の戦いと差別との戦いが、画面上で重なるクライマックスは思わず力が入ってしまいました。

凄まじい男尊女卑っぷりを見せるスティーブ・カレルが、本当に腹立たしくて最低(最高)です。

いかにも過去の栄光の上にあぐらをかいているオッサンといった佇まいも良いし、あんな調子乗ったやつに勝てないとなると、こっちまで心底イライラしてしまいます(ほんと最高)。

あと、本人そのままとしか思えないアラン・カミングの視線がとても温かかったです。
男性と女性の対置じゃなくて35mmとデジタル編集のぶつかり合い。ならこれぐらい丁寧に作ってもらわんと。
>|