誰が為に鐘は鳴るの作品情報・感想・評価

「誰が為に鐘は鳴る」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.5
スペイン内戦を描いたヘミングウェイの名作の映画化。内戦に人民戦線のゲリラ活動に参加した男が、ジプシーに協力を求めると、そこで美しい娘と出会い、二人は激しく惹かれ合うという、筋はよくある歴史メロドラマ。

イングリッド・バーグマンが、ジプシーたちと行動する情熱的なスペイン娘を演じていて、いつもより野性味溢れて美しい。特にいつもと違うショートカットでとてもキュート。原作を読んでヒロイン役を強く熱望したバーグマンは、伸ばしていた自慢の髪をばっさり切って、ヘミングウェイの自宅に押しかけて、自分を売り込んだらしい。熱い人、、

彼女が惚れるゲーリー・クーパーは相変わらず渋いのだけど、面白味はない。ジプシーの女戦士役でアカデミー助演女優賞に輝いたカティーナ・パクシヌーが素晴らしい。

1943年当時の撮影現場は過酷を極めた。カリフォルニア北部のシエラネバダ山脈の吹雪の中、何台かカメラが凍って動かなくなりつつも、ロケは進められ、途中、日本が真珠湾攻撃をした日はハリウッドでもロケ中止になるがすぐに撮影再開され、出演者が乗った船がUボートに襲撃され(命は助かったが)、それでも映画を創り続ける。ハリウッドは戦時でも回り続ける。

作品は上映時間が長く、途中やや冗長に感じられるが、とにかくイングリッド・バーグマンの力強く輝く瞳と美しさに引き付けられ、目が離せない。そして、クライマックスのゲイリー・クーパーの自己犠牲と悲恋展開は心にグッとくる。堂々たる歴史メロドラマだと思う。
Aki

Akiの感想・評価

4.5
名作。急に画質が変わったりするのはなんか意味があるのかな?台詞がとても良い。
粉雪

粉雪の感想・評価

3.0
ゲイリークーパーとバーグマンが美しかった。ストーリーはちょっと退屈。ラストのヒロイズムがヘミングウェイだなぁ、と。
たくみ

たくみの感想・評価

2.8
1943年7月14日公開。サム・ウッド監督。
原作はヘミングウェイの同名小説。1940年発表。


第二次大戦期真っ只中の戦争映画ということでプロパガンダ色の強い映画かと思っていたが、ラブロマンスやゲリラ内の人間関係の描写が多かった。

バーグマン演じるマリアが全く好きになれなかった。バーグマンの短髪は似合っていないと思う。何より戦いの場における自立性のない従属的な女性の描写は、力強いピラーと対照的でとてもイライラするものだった。

ゲイリー・クーパーがカッコ良かった。
しかしもう少し表情に変化があった方が魅力的な気もする。
Soh

Sohの感想・評価

-
「キスをするとき、鼻は邪魔にならないの?」
👍ヘミングウェイの本を映画にしたのは後から知った。感動しました。
1979年6月1日、銀座ロキシーで鑑賞。(バーグマン2本立て)

イングリッド・バーグマンを初めて観たのが、この作品。
前日に観た『エデンの東』に並ぶ感動を与えてくれた。

当時、特に新鮮だったのが、「キスするとき鼻がぶつからないかしら」という清らかなセリフ。
今となっては、有名すぎるこのセリフであるが、このセリフの存在を知らずに観たので、バーグマン演じるマリアが輝いて見えた。

これ以来、イングリッド・バーグマンのファンである。

この映画と『エデンの東』を続けて観ていなかったら、今の映画大好きな自分は無かったと思う。
自分にとっては、記念碑的作品。
長ぇ。実際は2時間半ぐらいだが、体感的には3時間越え。主演を張ってる2人が有名人気俳優なのは分かるが、2人が話している時、マリアの語り、あと癖の強い話し方のおばさんの語りが長くて退屈する。終わり方は予想に反して割と呆気ない感じで好きだが。
個人的に嬉しかったのは、“coward”という言葉を聞けたこと。実際に会話中に使う人が居るんだなぁと。
ロイヤル・フェスティバル
三越ロイヤル・シアター
モ

モの感想・評価

-
過去記録
>|