誰が為に鐘は鳴るの作品情報・感想・評価

「誰が為に鐘は鳴る」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.5
スペイン内戦を描いたヘミングウェイの名作の映画化。内戦に人民戦線のゲリラ活動に参加した男が、ジプシーに協力を求めると、そこで美しい娘と出会い、二人は激しく惹かれ合うという、筋はよくある歴史メロドラマ。

イングリッド・バーグマンが、ジプシーたちと行動する情熱的なスペイン娘を演じていて、いつもより野性味溢れて美しい。特にいつもと違うショートカットでとてもキュート。原作を読んでヒロイン役を強く熱望したバーグマンは、伸ばしていた自慢の髪をばっさり切って、ヘミングウェイの自宅に押しかけて、自分を売り込んだらしい。熱い人、、

彼女が惚れるゲーリー・クーパーは相変わらず渋いのだけど、面白味はない。ジプシーの女戦士役でアカデミー助演女優賞に輝いたカティーナ・パクシヌーが素晴らしい。

1943年当時の撮影現場は過酷を極めた。カリフォルニア北部のシエラネバダ山脈の吹雪の中、何台かカメラが凍って動かなくなりつつも、ロケは進められ、途中、日本が真珠湾攻撃をした日はハリウッドでもロケ中止になるがすぐに撮影再開され、出演者が乗った船がUボートに襲撃され(命は助かったが)、それでも映画を創り続ける。ハリウッドは戦時でも回り続ける。

作品は上映時間が長く、途中やや冗長に感じられるが、とにかくイングリッド・バーグマンの力強く輝く瞳と美しさに引き付けられ、目が離せない。そして、クライマックスのゲイリー・クーパーの自己犠牲と悲恋展開は心にグッとくる。堂々たる歴史メロドラマだと思う。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.5
「午後のロードショー」にて。原作は未読。文豪ヘミングウェーの文芸作品と身構えることなかれ。これはれっきとした戦争アクション。ラストの橋の爆破のシーンは結構盛り上がる。怪我をした主人公が仲間を逃すために1人で残るラストシーンが泣けます。

ゲリラの仲間内の人間関係の描き方なんかもうまいし、ドラマの部分での見所も多いです。イングリッド・バーグマンはもちろんキレイですが、都会的な雰囲気の彼女はミスキャストのような。
すぬぴ

すぬぴの感想・評価

3.5
タイトルいいよね
ショートカットのイングリットバーグマンがかわいい‼️
そーた

そーたの感想・評価

3.3
ちょっと長く感じてしまったな…
2018 70
@銀座文化
イングリッドバークマン綺麗。
ロベルトのような責任感の強い人になりたいと思った。
小説を読んでみたい。
shio

shioの感想・評価

3.8
【昔の映画ノートより】

キミと僕は1つ!いつも一緒!
というところに、10代ながら最高の愛を感じたのを覚えてる♡

当時は少し難しく感じたかな?
tori

toriの感想・評価

3.8
何故その映画を観たか?
誰かにススメられて、好きな俳優が出ている、続編だから等々
簡単に言うと「面白そう」だから

何故この映画を観たか?
人生初の動機
ヘミングウェイに関するこんなくだりを目にしたから

「誰が為に鐘は鳴る」の主人公はヘミングウェイの行動ヒーローと呼ばれる人生に幻滅してストイックで暴力や逆境に直面する自分の「コード」に従って気品と高潔さを発揮する男性の典型例になっている(以上抜粋)

だから
掟「コード」がどう表現されているか知りたくなった

ずっとそれらしい
「コード」にお目にかからなかったがラストシーンはまさに男の美学

そして
最後に鎮魂の鐘が鳴る
>|