tonga

羊と鋼の森のtongaのレビュー・感想・評価

羊と鋼の森(2018年製作の映画)
4.2
ピアノの中の森に溶け込んで、心が穏やかになる優しい映画でした。

主人公の調律師・外村君を演じる山崎賢人さん。
今まで観た映画の中で、一番本人の雰囲気としっくりしていて、良かったです。

調律師の仕事を通していろんな人と触れ合いながら、一人の青年が少しずつ成長していく様子を描いた話ですが、
彼と接する人々が魅力的な方ばかりで、嬉しかったです。

なんせこの映画、こじらせる人が一人も出てきません。
終始、穏やかな森の中にいる感じでした。

静かですが、時折、ピアノや調律や音楽をめぐる熱い想いを感じるので、眠くはなりませんでした。

デップー2の直後に観たので、より一層穏やかに感じました。

実姉妹でもある上白石さん姉妹の、ピアニストとしてライバルでもあり、助け合う家族でもある様子があたたかったですね。

そして何より、外村君が調律師になるきっかけとなった、板鳥を演じる三浦友和さんが、カッコ良すぎる!

鑑賞中、まじめにあんな人になりたいと思いました。

あっ、ちはやふるの机君が出てましたね! 活躍にちょっと嬉し。

映画の舞台(ロケ地)は、北海道の旭川でした。

自転車旅行で3回ほど訪れましたが、やっぱ綺麗なところですね。
この映画で映った森がとても綺麗だったので、また遊びに行きたくなりました。