羊と鋼の森の作品情報・感想・評価

「羊と鋼の森」に投稿された感想・評価

ジジョ

ジジョの感想・評価

2.5
とても優しい空気の映画でした。

コツコツと仕事を通して成長していく主人公と、それを支える先輩たち。全編通して言葉遣いがとても丁寧で、先輩後輩関係なく、人として相手を尊重する気持ちが言葉に表れていて、美しい言葉遣いは素敵だなと思いました。こんな大人でいたい。

主人公の背景の掘り下げが弱く、彼にとっての森の意味があまり理解できず、もっとそのあたりを描いて欲しかった気がします。

大画面に映し出される四季の森の風景と美しいピアノの旋律は、映画館で観てよかったと思えるものでした。最高のヒーリング☆野外上映とか4DXで風や森の香りを感じながら見れたら更に気持ちいいだろうな〜☆
ピアノに興味のない人には退屈な映画かもしれない。羊がフェルトで、鋼が弦のことなんだな。山崎くんはいつも通りイケメンだった。
motcha

motchaの感想・評価

-
原作の静謐さを忠実に映像化。登場人物たちもまるで原作から飛び出してきたかのような再現度。荒ぶることなく穏やかにストーリーが展開して静かな感動に収束する……というのは夢の話で、実は始まって10分後には爆睡してしまいました。
なので上記感想は全部空想上のものです、すみません。
(190717レンタルDVD)
ウツギ

ウツギの感想・評価

3.5
ずっと、静かに進んでいく映画。
映像がとても綺麗。
旅行先の
岩盤浴所でこの作品が流れていたのでみました。

クラシック音楽が好きなので
作品の中で流れる音楽に心地よさを感じました。
自然の花や木がカットに使われているのも
個人的には好きでした。

でもどこか少し退屈な眠くなるような気もした。
(少しうとうとしてしまった)

山崎賢人さんは役柄でそう演じていらっしゃったのかわからないけど、少したどたどしい感じがした。

上白石萌音さんのセリフを吐き出す時の
優しく品のある
スーッと透き通る感じが凄く好感でした。
ナチュラルに普段からお嬢様のような振る舞いをしていそうだなぁと思った。

ピアノの調律師という
あまり普段馴染みがない職業を題材としていましたが、それぞれの想いがピアノという
1台の楽器に向けられていて、
調律師さんが居てこそ、素敵な音色がピアノから響渡ることを知って勉強になりました。
m

mの感想・評価

5.0
ドストライク。圧倒的音響映像美。昇天した。

音がきれい。無音で調律音する器具の音しか聞こえない空間素敵すぎる。
音楽に携わる人の繊細さと強さがよく分かる。最高だった…。

森の匂いがした。って、視覚より先に嗅覚で感じる音って凄くない??
ピアノを食べて生きていく。って覚悟と夢がすごい詰まってて素敵。

地味で静かでゆったりなこの感じすごく好きだ
もじゅ

もじゅの感想・評価

4.0
私の心も調律して。。
なんてね。
>|