羊と鋼の森の作品情報・感想・評価

「羊と鋼の森」に投稿された感想・評価

まゆげ

まゆげの感想・評価

3.6
静かな雰囲気で、ピアノの音が綺麗。自然とピアノと、人間。心洗われる。私も登場人物のように何か1つのことに対して没頭して頑張りたいなって思える作品
結構面白かった。
全体的に美しく、大きな喜び悲しみではなく、些細な気持ちの変化を丁寧に描いてる邦画ならではのって感じな映画。
鈴木亮平の優しい雰囲気好き。
Naamdayo

Naamdayoの感想・評価

4.0
自分が今まで知らなかったピアノの調律師の仕事や世界観に触れることができて面白かった。ピアノの音が羊毛と鋼から生まれていて、ピアノの音色を「羊と鋼の森」と表すセンスが素敵だなと思った。人によっては、ピアノの鑑賞が森の中を散歩するようなものっていう感覚はすごく新鮮だった。自分も散歩する気分でピアノを聴いてみたくなった。映画の序盤では、自分の可能性に自信が持てずおどおどしていた主人公や登場人物が、自分自身の目まぐるしく渦巻く色んな感情や周囲の人に揉まれ翻弄されながらも、次第に一皮も二皮も剥けて逞しくなっていく姿が爽快だった。
2019·3·23鑑賞
2019年17作品目
miyu

miyuの感想・評価

3.4
上白石姉妹、特に姉萌音さんの妹に劣等感を抱くけどピアノが好きな気持ちが伝わってきた。カズネがピアノで音色を奏でると山崎賢人演じる外村が感じる音色の表現の仕方が映像として美しかったです。
森の奥で澄んだ空気感や水の中から上にある光の入り加減、ピアノ内部の美しさを感じました。
ピアノ調律師の存在を明確に分かっていなかったので、あんな1つの音で多くの場所を微調整して、トータル数時間かかるというのに驚きました。
また、"ピアノのを弾き始めたら結局1人"という言葉が素敵だった。ピアノのに限らないな〜っと。だからこそ1人になった時支える人が必要なのかと感心しました、
mmk

mmkの感想・評価

2.9
・まじで?ってぐらい寝ちゃいました、ごめんなさい
・小説はめちゃくちゃ良かったんですけど!
・音は綺麗でしたし、キャストも良かったです
割と小説通り
優しくてあったかい気持ちになるけど
何か物足りなさが残るかなあ
あ〜、ピアノ習いたかったなあ〜
>|