メアリーの総ての作品情報・感想・評価・動画配信

「メアリーの総て」に投稿された感想・評価

Haru

Haruの感想・評価

3.4
そらパートナーからこんな扱い受けてたらフランケンシュタインも書かれるわな
自由である事と無責任である事を履き違えた男の描写がしんどくてみるの辛かった。

理想を掻き集めて出来上がるのが天使か怪物かという話で、この2人の価値観には決定的な溝が出来上がっちゃってるんだなぁ〜と思った。
ゆわ

ゆわの感想・評価

3.2

小説家を夢見るメアリーは義母との不仲や自分の環境に嫌気がさしていた。ある日義母との関係を見かねた父親がスコットランドの親戚の家にメアリーを気分転換に預けることにする。そこに来ていた小説家のパーシーシェリーとの出会いが彼女の人生を変えていく
思わせぶりなパーシーの態度に惹かれるも妻子持ちだと知り一度は離れようとするも


第三者としてみればメアリーは夢見すぎだけど
気持ちはめっちゃ分かるわ。ただでさえ時代が自分が書いた小説が女だからって理由で売れない背景だし家は窮屈だしやりたいことができない。
そんななかでのパーシーの存在は特別だと思う
この人と共に行く選択をしなければ一生好きでもない生活をしないといけないのかもしれないと思うとどんなにクズで口だけでもその手をとるしかないわ。でもそこから転がり落ちてどんなに惨めな思いをしてもそれでも小説家になりたいって気持ちだけは失わなかった。
たぶんその気持ちもなくなってたらもっとひどい有様になるまでおちたと思う
だからどんなに間違った選択をしても後悔をしても結局全て選んだのは自分なのだから一つだけでも誰に何と言われようと譲れないものをもつことは大事ってことなのかも。

まーでもパーシーのクズっぷりには拍手笑
最後だけいいとこ見せたけどね
Chaco

Chacoの感想・評価

3.9
泣き明かした朝に冷たい灰色の空が広がっているような、でもそのなかに確かな美しさがあるような、そんな作品でした。

誰かに引き寄せられていくとき、胸をよぎる不安や予感とか、自分が悲しみに暮れるのをただ待っているような痛みとか。
shizpova

shizpovaの感想・評価

3.9
1800年代の話なのに、現代の話みたいだった。
メアリーの苦しみは、200年後の私にも理解できる。
若くて芯の強い役がエルファニングにとても合っていた。エルファニングが演じたからこそ仕上がった映画のように感じた。

あと、髪型や服装が好き。
安藤嘘

安藤嘘の感想・評価

3.6
男尊女卑が当たり前だった時代の作品は見てるのがしんどい。メアリー・シェリーについてはもっと知りたいけどしんどい。エル・ファニングの可愛さが救い。
L

Lの感想・評価

3.5
全部初めて知った

フランケンシュタインを読む
rena

renaの感想・評価

3.4
【覚え書き】

ボヘミアンラプソディからのベンハーディー目的で鑑賞。
(めちゃくちゃ出番少なかった。。。)

いつの時代にも自由恋愛論的なこと考えている人はいるんだなあ。ってしみじみ思う。
避妊しない奴ほんと最低って思いながら観てたけど実話だったのか。。笑
ほんとやだ、既婚者って黙って近寄ってくる人。。しかも16の子に?やばない??

1人に執着しないのは飽きがこないし、責任とかないからって楽かもしれないけど、絶対相手に対しての態度疎かになるよね、、、、映画だと二股相手みたいな存在は出てこなかったけど。。

あ。メアリーが元不倫相手で略奪ってことになるのか。
ほんとやだ、既婚者なこと黙ってる奴。
ちなクレアとシェリー裏でくっついてるの?!ってソワソワしたけど違かった!
束縛しない=相手以外の他の人も好きになってもいい
ってことじゃないんだよな〜。
恋愛の自由ってなんだろって深く考えさせられる話だった。

16〜18歳とかで経験する話なのか?ってくらい話が壮絶。
生まれた時もその後の暮らしも、。

男女のドロドロが少し入ったり、暗い部分もあって、、なんか内容が作りもののようなネガティブさだなーって観てたけど、フランケンシュタインの作者の実話って観終わってから把握した😕

メアリー役の女優さんの雰囲気が凄く合ってた!
林檎

林檎の感想・評価

3.9
オープニングの墓地のシーンから美しくて引きこまれた。聡明な彼女に、エル・ファニングが見事にハマってる。

街中で本を売りに出そうとする父と、久々の再会。別れてポロっと涙を流すメアリー
。このシーンとっても印象的でした。

書物をめくる紙の音、どうしてこんなに好きなんだろう笑 この時代は衣装もインテリアも素敵過ぎる。赤ちゃんが寝ていたベッドがゆらゆら揺れる残像が脳裏に・・・

こういう伝記物って、登場人物や主人公を取り巻く環境を好きになれず、何この世界・・・って拍子抜けすることが多いんだけど、これはそうならなかったのが不思議。苦悩するメアリーにただただ涙しました。
イマイ

イマイの感想・評価

3.7
よかった!

途中まではクソ男とバカ女の話、なんじゃこりゃ、と思っていたけど、それも時代のリアル。その後のふたりの乗り越え方が美しい。フランケンシュタインの報われない悲しさを、この映画によって晴れさせたような救いあるラスト。
目配せ多くて、小説みアリ。衣装や装飾も素敵。エルファニングが好き。
>|