火花の作品情報・感想・評価・動画配信

火花2017年製作の映画)

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

「火花」に投稿された感想・評価

MiYu

MiYuの感想・評価

3.2
自分が面白いと思ったことを
そのまま表現しても、
世間にうけるかは分からないし、
ましてや不快に思う人が
いるかもしれない。
改めて人を笑わせるって
すごい職業。テレビで活躍してる
芸人さんって本当に本当に
一握りなんだろうなあ。
負けるものたちの存在意義、同じ境遇をともにしたものたちとの関係、など、いいことたくさん見聞きした、なによりこの2人の演技にどこまでも痺れるし芸人やってる人が見たらもう大変なことになってしまいそうなくらいどこかでは起こっていそうな、何も知らない私ですら震えてしまいそうだった
「人生は勝ち負けです。どうせなら勝ちにいきましょう。では、ざんぱーい!」
神谷(桐谷健太)と徳永(菅田将暉)の関係性の描き方がとても良い。

徳永にとって憧れと崇拝の対象だった神谷が段々と落ちぶれていく様は、単なるダメ人間のように見えてしまうかもしれないけれど、徳永が諦め、捨てざるを得なかったものを神谷は持ち続けている。

また、ラスト漫才の緊張感と絶妙な空気が素晴らしく涙が溢れた。

生存競争の中で淘汰される芸人達の存在は無駄ではない、全員必要なんだというメッセージが心に響く。
2人とも上手いなぁ〜
Kana

Kanaの感想・評価

4.2
ゴリゴリ泣いた
juju

jujuの感想・評価

-
菅田将暉 

心から最高の俳優すぎる。

好きです。

響く言葉ばかりで、人間臭くて熱くて

舞台に立つものには意味がある
一位の人だけがすごいか、意味があるか
そうじゃなくて
周りがいたからだ

世間体を気にしなくてはならないが
常識を覆したい気持ち
があったり

又吉さんすごい。

何度も何度も絵に納めたいシーンが多かった
DrummerK

DrummerKの感想・評価

4.0
リアルな下積み感。

芸人はきっと震えるくらいの共感・恐ろしい感覚だろうけど、それと同じくらい自分もこの映画はやばかった。

今の個人的心境とか状況的に感じた事、書きたい事が山のようにあるけどネタバレにもなるし抑えておきます。

映画内、よく見てると結構今少し出るようになったくらいの芸人が2年以上前の撮影当時にリアルな下積み芸人として出ていて、その見方もとても面白い。
>|