北の桜守の作品情報・感想・評価

北の桜守2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

北へ北へ 失われた記憶に向かって 二人は歩き続けた 1945年、南樺太に一輪の桜が咲いた。やっと咲いたその花は、江蓮てつたち家族にとって希望の花のはずだった・・・。その年の8月、ソ連軍の侵攻が起こる。てつは息子二人と共に樺太を脱出。決死の思いで北海道の網走へと辿り着く。そんな満身創痍の親子を待っていたのは想像を絶する過酷な生活だった。意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓、その中を親子は懸命…

北へ北へ 失われた記憶に向かって 二人は歩き続けた 1945年、南樺太に一輪の桜が咲いた。やっと咲いたその花は、江蓮てつたち家族にとって希望の花のはずだった・・・。その年の8月、ソ連軍の侵攻が起こる。てつは息子二人と共に樺太を脱出。決死の思いで北海道の網走へと辿り着く。そんな満身創痍の親子を待っていたのは想像を絶する過酷な生活だった。意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓、その中を親子は懸命に生き抜くのだった。 1971年、成長した次男の修二郎は米国で成功し、日本初のホットドックストアの日本社長として帰国。15年ぶりに網走を訪れた。そこには長男の姿はなく、一人、夫を待ち続けながら慎ましい生活を送る年老いたてつの姿があった・・・。修二郎はてつを札幌へと連れ帰り、面倒をみる決意をする。 息子夫婦と暮らし始めたてつだったが、薪を使い米を炊き、近所から苦情を受けたり、金を払わず八百屋から葱を持ち去ろうとするなど、徐々に不可解な行動が目立つようになる。年老いたてつは、戦禍によるPTSDの後遺症に陥っていた。そして、てつ自身もその変化を自覚していく・・・。  そんなある日、てつが突然、姿を消す。立派になった修二郎に迷惑をかけたくないと思い、一人、網走に戻ろうとしたのだ。だが、網走の住宅はすでに取り壊されていた。帰る場所を失ったてつ。てつのために一緒に寄り添いたいと思う修二郎。二人は、北海道の大地を巡る過去への道行を始める。その旅は、親子の抱える禁断の記憶の扉を開けてしまうのだった。 

「北の桜守」に投稿された感想・評価

吉永小百合に思い入れがない人が、この作品を観てどう思ったかとしてレビューします。まずは推定38歳役で阿部寛との夫婦役には絶対に無理があります。お顔にCGかけて居てもそうじゃなくても、やはりもう吉永さんは老人です。それはもう払拭できない。どうしてその年齢の役を他の人にやらせなかったのか。作品中何度も見たあの「きょとん」顔はなんなのだろう?これは吉永小百合とサユリストのためだけの映画?!素晴らしい脚本、演出、素晴らしい演者を贅沢に使い、なんでこんなに酷いことに?!彼女がどれだけカリスマだったのか私には解りませんが、映画ファンとして非常に残念に感じた作品でした。等身大の吉永小百合でよかったじゃないですか…。ラストだけでした。安心して観ていられたのは。
haru

haruの感想・評価

4.6
一途な想いに感動した。
吉永小百合の素晴らしさを伝える映画。日本映画としては価値があるはずだ。しかし、内容はそのせいなのか無理矢理……吉永小百合をこう撮りたい、そのためにこんなストーリーやこんな台詞になっているような、そういうまとまりのなさを感じた。
kumiko

kumikoの感想・評価

3.2
激動のの時代に生きた親子の物語!

堺さんと吉永さんの演技が全てを支えるこの作品、母の想いの強さや人間の心のバランスの難しさがしっかりと描かれていた。

それにしても、吉永小百合は役柄だけではなく 本当にいろんな意味で守られてるなぁ…と改めて感じた。
観続けるのが辛い映画だった。ただそれも途中途中で挟み込まれる劇中劇の舞台シーンがある意味メタフィクション的な効果をもたらしてくれる気がして最後まで観ることができたかも。
しかし、吉永小百合さんは凄いなぁ。
まぁでもこの作品で一番重要だったのは佐藤浩市さんだった。この人が出てくると芝居が締まる感じ。よかったなぁ。
jocx

jocxの感想・評価

3.3
投稿が遅れてしまった!
吉永小百合のために作られた映画だからか桜守の仕事があまりクローズアップされていない。なので題名から想像するのは難しい。確かに綺麗だけど、若い役者との夫婦役には無理がある。舞台と映画の同時表現という珍しい形は興味がわき、逆にこの作品を舞台化して観たいと思った。堺雅人の演技は助演男優賞もの。ロシアとの戦争で樺太の日本人がどれだけ犠牲になったかあまり知られていないので、もう少し深く撮れた映画のような気がする。船の沈没シーンは泣けた!
striker

strikerの感想・評価

3.5
③ K-10 21:30
ぴこ

ぴこの感想・評価

2.0
ばばと。
今作が吉永小百合さん120本目の出演作であったようで、さすが、吉永さんのための映画という感じ。
どうしても吉永さんが桜の下や大自然の下を歩いていると、大人の休日俱楽部のメロディが頭の中で流れてしまう。。そんな自分を恥じらいながら映画を見た。

堺雅人さんが作品中で「ミネソタ24」という日本初のホットドック店かつ現在のコンビニエンスストアのようなものを経営していて、これはいったい何をモデルにしているのか、非常に気になったので調べてみたところ、どうやら北海道のコンビニ・セイコーマートをモデルにしているようであることがわかった。

劇中では舞台で演じられるようなシーンもあって(演出はケラリーノ・サンドロヴィッチさん)、構成としては面白いと思った。
>|