北の桜守の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「北の桜守」に投稿された感想・評価

涙💧は一滴も出ませんでした。ちょいちょい挟んでくる寸劇にいちいち現実に引き戻され、感情移入できない。いい話だとは思うけれどもったいない感いっぱい。
あぁ、、戦時中の話なんやなーおもったら、そっちはあまり重要ではなく、親子の誰もが抱えるかもしれない切ないストーリーでした。母、てつ(吉永小百合氏)と、息子(堺雅人氏)の道内お礼参りはほのぼのと、親子であり恋人のようでもある素敵な関係に見えました。
阿部寛氏54歳がてつさんの夫役。吉永小百合氏73歳の19歳差。それでも違和感なく観ていられる。73歳でも可愛らしい吉永さんは女優としても女性としてもスゲーなと。演者は名だたる方々ばかり。素晴らしいけどもったいない、年の重ね方が丁寧な作品でした。
UCHIDA

UCHIDAの感想・評価

3.3
池袋の新文芸坐にて。
思い出したかのようにつづる。

激動の時代を生きた親子のお話。

吉永小百合さんと阿部寛から堺雅人が生まれるって…すごくないですか…。これに1番衝撃を受けたんですけど…。


個人的には樺太であのようなことが実際に起こっていたことは知らなかったので、その点では見る価値はあると思いました。
途中で挟まれる劇中劇も斬新でおもしろかったです。演出がケラさん。

しかし、吉永小百合さんの通算120本目の主演作ということもあってか、吉永小百合さんを出したいがために無理やり作ってる感じはしました。


なんだかんだ言いつつも最後のシーンでは泣いてしまうというね。
HAHA

HAHAの感想・評価

2.0
ん〰微妙なミュージカル仕立てで
感動も微妙
重い話が見やすかったから△かな
はうん

はうんの感想・評価

3.5
おばあちゃんがボケていく様を見てると自分の曽祖母の最期を思い出してメンタルがやられる
いつかみんなこうなってしまうんかなあって悲しくなった
skyline

skylineの感想・評価

4.5
2018.09.24
ひの煉瓦ホール
これでもかと濃密な物語だった
心が強くないと見れない
余韻がすごかったあ
nickname

nicknameの感想・評価

3.5
好きなジャンルではないけど、観てよかった

日本しか作れない映画
haru

haruの感想・評価

4.6
一途な想いに感動した。
吉永小百合の素晴らしさを伝える映画。日本映画としては価値があるはずだ。しかし、内容はそのせいなのか無理矢理……吉永小百合をこう撮りたい、そのためにこんなストーリーやこんな台詞になっているような、そういうまとまりのなさを感じた。
kumiko

kumikoの感想・評価

3.2
激動のの時代に生きた親子の物語!

堺さんと吉永さんの演技が全てを支えるこの作品、母の想いの強さや人間の心のバランスの難しさがしっかりと描かれていた。

それにしても、吉永小百合は役柄だけではなく 本当にいろんな意味で守られてるなぁ…と改めて感じた。