singer

きみの鳥はうたえるのsingerのレビュー・感想・評価

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)
3.5
感想、特に無し。
・・・という訳にはいかないだろうから、
じーっと振り返りながら考えるけど、
やっぱりコレといったものが出てこなくて、
何だか何を言っても的外れになりそうな、
捉えどころの無い、不思議な作品でした。

でも、雰囲気とか、肌触りとか、
「僕」を取り巻く街並みや、友達や、
好きな人や、バイト仲間たち。
暮らすアパートや、生活の音。酒とタバコの匂い。
そんな、身近な暮らしの色彩を、ただただ感じるだけの作品だったのに、
何故か最後まで食い入るように観てしまった。
で、あんまり、その理由もよくわからないんですが、
自分には合う作品だったんじゃないかなぁと思いました。

榎本佑、染谷将太、石橋静河の3人の演技も、とても良かった。
何気ない会話のテンポも気持ち良かったし、
それより、みんな表情がとても良かったと思いましたね。

個人的にはクラブで3人が踊るシーンが印象的でした。
ここでは、石橋静河の笑顔が、とても素敵だったし、
夜通し無邪気に遊んだ、若かりし頃を思い出したりもしましたね。

万人にお薦めできるような作品では無かったですが、
自分は観て良かったと思えたし、これは間違いなく好みの映画でした。