Mika

きみの鳥はうたえるのMikaのレビュー・感想・評価

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)
3.5
オーバーフェンスと雰囲気似てるなーって思ったら原作者が同じなのね。

柄本佑の長髪大好物。
主役の3人のナチュラルな演技あってこその映画。3人でコンビニ行くシーン良かったなぁ。

こういう宙ぶらりんのどうしようもない人達がダラダラする描写に、懐かしいとか羨ましいとか思ってしまうのは
自分にもそういう時期があったり、今はもうできない立場だったり年齢だったりするってことで
期間限定の、終わりがある行為だからこそ輝いて見えるんだよなって改めて思える青春映画。

主人公がさちこへの想いに気付いたり伝えたりする時間はいくらでもあった。なんなら劇中ずっとだった。でも、なんとなく心地いい関係のままで、ちゃんと考えないで、その関係に終わりがきそうになってはじめて気付く。
傍からみると馬鹿だなぁと思うけど、それが人間なんだよなーめちゃくちゃ人間くさい。
万引家族みたいに、画面からやりすぎなほどの人間くささを漂わせてるわけじゃないのに(寧ろ札幌の風景はとてもシンプル)、人物の大袈裟じゃない心理描写がそうさせてるんだろうな。

一つ気になったのは、3人の設定年齢がわからないこと。20代半ばくらいなのかな?遊び方は学生ぽいけど、学生じゃないみたいだし。30代だと痛いし。でも柄本佑の実年齢って多分30代だよね、とか考えてしまった。