きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

わかるようでわからない
わからないようで、わかる
なんだか人によってだいぶ解釈が変わってきそうな映画。

渡辺真起子さん好きだな。
柄本佑さんも好きだな。



クラブシーンは最初心地よかったんだけど、長すぎたかな…笑
「映画 夜空は最高密度の青色だ」は昨年観た映画の中でも、最高クラスに腹が立つ作品だったんですけど、キネマ旬報の年間1位取ってましたからね。まあ、文字通り最高の作品だったわけですよ。
「きみの鳥はうたえる」には「映画 夜空は最高密度の青色だ」にも出演していた石橋静河さんが出ているということで、期待値高めで観に行ってきました。
んで、感想なんですけど、多分この映画ってそれこそ「映画 夜空は最高密度の青色だ」とか「南瓜とマヨネーズ」とかの系統に入る映画だと思うんですよね。
そういう映画が好きな人にはオススメ出来ますし、映像も非常に美しいと思いますね。青い光の質感や雨上がりのしっとり感とか、ラストシーンもね。自然光なんだけど、「夕陽」とか「夕焼け」まで行かない柔らかな美しさが終盤のエモいやり取りに、文字通り「色を添える」って感じで素晴らしいですよね。
あとは、クローズアップが非常に印象的な映画で、普通とちょっと違う使い方というか、被写体そのものを描くためだけのアップじゃなくてね。敢えてカメラをアップにして寄ることによって捨象された物を観客に思考させる、そういう演出も非常に上品だと思いましたね。
ただ、やっぱりこういう日本映画観て思うのは「うん、君らが思うところの『若さ』とか『生きづらさ』とか『自意識』みたいなものがどういうものなのかは何となく分かるよ。でも、そういうのは俺が感じているものとは別種類の物なんでね。申し訳ないけど合わないです...。」っていうね。
要はこの映画における中盤の3人でのワチャワチャ感?言ってしまえば「目的」から逸脱して「いま・ここ」を生きる若さも交えた享楽、みたいなものが私にとっては全然「なんかいいなぁ」っていう風に映らないんですよね。ちょっと古いんじゃないかとも思えちゃう。
「なんかこいつらメンドクセー奴らだな」って感じになってしまいましたよね。
あとはもうこれは個人的な映画を観る順番の話でもありますけど、やっぱり柄本佑に石橋静河が魅かれるロジック、映画としてのジャンプ力が足りないんじゃないかなと思いましたね。
勿論あの遠くからジーッとカウントダウンしながら、というショットだって正直素晴らしいとは思うんですよ。でもね、「寝ても覚めても」の「もうこれはワケ分かんないけど恋に落ちるしかないよねw」っていう圧倒的で説得力に満ちた映画的飛躍を観てしまった後では、ちょっと物足りなかったですかね。
でもね、ある種のジャンルものとして好きな人はスゲー好きだと思いますし、ラストはとても素晴らしい、ちょっと身につまされるというか。上品なエモさというか。久しぶりの映画だったんで最高でしたね。
saori

saoriの感想・評価

3.0
記録用
P

Pの感想・評価

3.7
このまま続いたら辛い序盤の流れ
気づいたら引き込まれてた


石橋静河ちゃんよかった他の作品もみたい
鳥

鳥の感想・評価

1.0
日本邦画界がここまでガラパコス化してしまったことにもう追い付いていない自分を実感した。
いつ始まるんだろうな…と思ってたら終わってしまった映画で、主人公に感情移入する隙が全くない。カッコよくないし、だらしなく、面白さもない。主体性もない。
日本人は冷蔵庫から漏れた光に感動しているらしい。
従業員みんなやたら美男美女なのは自然なんだろうか?
主人公がやたらこぎれいなカフェでランチしてるのに違和感しか感じない。
無駄に長いクラブシーンが開けてやっと朝日に引きの画がきて、何かが始まると思ったら、案の定死んだ魚の目をしている主人公に女が違和感を感じ始めるという、まぁ前半よりは生産的な展開にはなる。
クラブで女が踊ってるシーンに悶絶してる人が信じられない。あんなハンパなノリでくねくねしてる女がスクリーンに映し出されて眠気以外になにも感じない。

近年稀に見る高評価映画で日本中そわそわしてるこの作品。
自然、物語や感情を語らず目線や間が素敵である、学生時代の朝まで遊んだあの時を思い出した等々と絶賛の声しかない。
すごい作品だ。こんな沢山共感の声を得ているのだから、それは疑問の余地ない。
こんな中で、自分が、起承転結で観客を揺さ振れ、とか、主人公はフックにかかる魅力的な人物にせよ。とか言ったところで何になる。
ただ右も左もこの作品を絶賛する声しかないのにただただカルチャーショックを禁じ得ない。
あんたら朝まで飲んだ記憶の中にはもう少しコンテンツがあっただろう!肩に手まわして、爆笑して、終電の話ししてただけかよ、下らない話しも聞かせてくれよ!ノリだけ見せられてもキモいだけよ!
でも、それも含めいろんな人の青春を呼び起こすステキな空気感の映画だったんだろう。
異文化交流をありがとう。
石橋静河さんが可愛すぎてぼかぁどうにかなりそうでしたよ!!!!!最高の映画をありがとうございました
佑さんの画力
静河ちゃんのオリビア
染谷くんの卓球のクセ

最後あえて描かないやつ〜
ナチュラル感満載のええやつ

僕の気持ちが分かる部分があって
少し救われた気持ちになった。
MAI

MAIの感想・評価

5.0
好き!!
zaum

zaumの感想・評価

5.0
自分の友達の生活を見てるような気分になった。皆で踊ったりゲームしたりして、いつでも傍にはお酒と仲間がいて、こういう人達は生まれてから死ぬまで人生全体で見ると幸せなんだろうなと思った。所々に見える人間の本質も好きだった
>|