きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

rieeeeee

rieeeeeeの感想・評価

4.0
最後の終わり方がズルくて、もっかい観たくなる映画。

石橋静河さん、いい。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

4.5
うたえる〜〜
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
であったころはこんなひが
くるとはおもわずにいた〜
saa

saaの感想・評価

3.8
染谷将太が出ているが故のレンタル。期待以上。
茉恭

茉恭の感想・評価

3.6
昭和にアオハルをした世代には理解できないであろう作品www.

まあ、それは大袈裟だけれど、この世代の若者ならでわの描写、
揺れ動く心情など、適切に表現しているとは思う。

ただ、ラストがどうにも気に入らない。
そこまで良い感じで引っ張ったのに、結局それかよ!と言わずには居られない。

石橋静河の演技も70点くらい。
第二の池脇千鶴を狙うなら、それじゃあだめだよとも思ったり(毒)

前評判が良かった作品だけに、ラストの納得のいかなさに採点が下がったという惜しい感じ。
こ

この感想・評価

3.0
散々見逃してた本作。あーこういう感じの映画なのかと。久々に「邦画!」っていうか、役者の演技一つ一つをじっくり観る映画だった。すごく集中して観た気がする。
グズグズした青春。「オリビアを聴きながら」を聴いてるときの染谷の顔が怪しく照らされるシーンが印象的。配役が良い。特に柄本佑がほんとにそれっぽかった。
石橋静河。石橋静河。石橋静河。石橋静河。石橋静河.....
かくわ

かくわの感想・評価

3.8
そこそこの大人が子供のように自堕落な生活しているのが良いし、そこに女が加わって関係性が少し変わっていくのちょっと羨ましい。

主演3人が強すぎて。

爆音ならではの音のメリハリ。
クラブシーンが映える。
月並みだけどラストシーンやそこからクレジットが最高だった。

2019-095-023
yoshihiko

yoshihikoの感想・評価

3.7
この作品に漂う独特の雰囲気良いですね。
モラトリアム的なライフスタイルから怠さが溢れてる。ああ、遥か昔、自分もこんな感じだったっけ?笑

そんな中で石橋静河の湿っぽい演技は光ってたな。以前見た「夜空はいつも最高密度の青空だ」の時はそんな風には思えなかったが。

最後、あのエンディング、あの表情から何を想像するか?
また、見直してみたくなる、そんな作品でした。
>|