きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

青春の黙示録、暖色と寒色の対比色使い。
りーこ

りーこの感想・評価

3.6
今をとても大切にしたいと思わせてくれる映画だった。とくになにか起きるわけではないが切ないけどこれが現実的な恋愛だと思った。淡々としてたからわたし的にはもっとなにか起きて欲しかったな
小僧

小僧の感想・評価

4.1
3人は夜に生きる。遊び、酒を飲み、踊り、笑い合う。

永遠に続くようなクラブシーン。いつまでも続けばいい。強く握りしめると壊れてしまう美しい時間。きっと誰にでも存在していた瞬間。

ラストシーンに撃ち抜かれる。3人は前に進めたのかな。

役者陣の素晴らしい演技。「自然体」とはまた違う、徹底された「素」の演技力。静かに、さざなみのように伝わってくる感情表現。特に佐知子役の石橋静河さんが魅力的でした。

こういう起こりそうで何も起こらない、生活の一部分を切り取ってゴロン、と見せられるような映画は大好物…。

函館のローカルな景色もいい…。
Pivotetsu

Pivotetsuの感想・評価

3.3
主演三人の演技力の高さが全て。
佐藤原作モノはいくつか観てるけど、函館の雰囲気とゆったりした作風が多いなと。
「そこのみにて光り輝く」がベスト級に好きな自分にはこの作品はちょっとおとなし過ぎたかな。

それでも石橋静河の魅力は凄いし柄本佑も何考えてるか分からん感じ凄いし染谷君も死んだ目してるけどニコニコしてるから何考えてるか分からんし凄い。笑

朝まで夜通し遊んでいる夏が終わることでそれぞれ少しだけ一歩進んだというお話かな。
森口キモい。店長大好きっすーに笑った。
wienerdog

wienerdogの感想・評価

5.0
染谷くんの魅力がやばかった。火花のドラマの染谷くんに感激したら全然違うキャラでまたうお〜ええやんか〜と虜になりました。石橋さんもすてきでした。parksと夜空は青色だのやつで出演してて、顔は知ってるだけって感じの印象だった。この映画で、こんなにすてきな女性だと気づけてよかった!
まいく

まいくの感想・評価

3.7
崩れそうで崩れない3人の関係は羨ましくもあり怖くもある。
永遠にはけして続かない。
skn

sknの感想・評価

4.0
主演3人の演技のアンサンブル(て言うんか?)がとても自然で、リアリティがあった。
映画を通してローカルな空気を感じられるの素敵だな〜
ら

らの感想・評価

3.7
切ないというか難しいって思います。
自分の気持ちをきちんと言葉にしなかった柿本。でも相手もその気持ちに気づいてる。恋愛って難しいなあって映画です
この柄本祐最高です。最初のタバコ吸うシーンも。
ああ〜この2人超なんかありそう、ありそう、ありそ…くらいで
もうなんか起きている。切ない。3人のバランスって男子だけでも、女子だけでも、男女でも、なんとも難しいのが人間なのかもな…とか思いました。
はあ。全員演技うまい。
>|