きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

yo

yoの感想・評価

3.8
たまたま「生きてるだけで、愛」の直後だったけど、石橋静河が全然違う。
めちゃくちゃ可愛いではないか。
柄本佑がエロ過ぎてカッコ良い。
最後はどう解釈すれば?
そりゃ「僕」にいくでしょ。

萩原聖人の怠慢な体の店長もよかったな。
むちゃくちゃカッコよかったんだけどな。
現在もいいんだけどね。
むちゃくちゃカッコよかったんだよ…
えくぼ

えくぼの感想・評価

3.6
生きてるだけで、愛
あの頃、君を追いかけた
きみの鳥はうたえる

で迷ってて本作を選んだんだけど

いやラスト!!!あの終わり方は無いよ、、
まさか、いやまさかとは思ったんだ、、
佐知子の表情は何だったんだろうなあ、やっぱり静雄を選ぶのかなあ。

今回この作品を観ようと思ったのが榎本佑が出ているからなんだよね。めっちゃ好きなんだよなんかあの色気ある感じとか、雰囲気がエロい。抱かれたいとか思ったりする。したらやっぱりエロかった、、
あとはいちごの唄に出演してた石橋静河ちゃんも出ていて、こっちの作品の方が自然体な感じがしてすごく良かった。かわいい。素朴な可愛さ。

特別すごくよかったとかそういうのはないんだけど表情とか、雰囲気とか、そういうのを考えながら楽しむ映画なのかな。
Shiho

Shihoの感想・評価

2.9
ストーリーはまだいいとして、だらしない生活をしてる人達の青春映画にしてはキャストが歳をとりすぎてないか??クラブで浮かれるシーン、だいぶイタイ感じがした…
絶妙なブスさの女優がなんだかなぁ…二世タレントかぁ。
ひ

ひの感想・評価

-
なんだろう圧倒的石橋静河だったし、わたしもハードカバーの分厚い本をちゃんと帯付きで読みたいなあと思った。北海道らしい冷たい風ってあるよね、動画や写真は残せても匂いはどうしても残せないってところが良いなあ。
azkyon

azkyonの感想・評価

3.7
佐藤泰志原作、舞台はやはり函館の作品はこれで4作目だけど、これでも今までの中では一番明るいんじゃないだろうか。
といっても、きらきら感のない青春は相変わらず。
これが嫌いじゃなんだなぁ(^^)
男二人暮らしに女が加わる。
女は妙に湿気を帯びてて、その人りが加わると男二人も湿気を帯びる。

漂う空気、アンニュイな日々。
お互いのこと深く知らなくても、一瞬、数ヶ月を楽しめる。
刹那的な印象を常に感じる。

はじめから男と女の空気は良く似ていた。その絶妙な作り方が上手いなと思った。
あと酔った染谷かわいかった。
べりす

べりすの感想・評価

2.9
うーん。
あんまりなんとも思わない映画だった。
みんなで飲んで遊んで、それはだめなことじゃないし変わらなきゃいけないとか思わされそうな映画だった。
ある程度の年齢で飲んで遊んでる人がまともじゃないみたいなモチーフなんですかね?
そして最後なんなん。。。
自分自身がしっかりしてれば、人の人生それぞれでみんながこうならなきゃとかないし、みんなが大事なパートナー一人じゃなきゃいけないわけでもないこのLGBT以外も沢山知っていかなきゃいけない時代に…て感じだった。
働き方もそれぞれあるし。
そんな中、付き合い方は変わっていくこともあるかもしれないけど、それでも集まって遊んだりできるのって普通の仕事だとありえないの?終わらせなきゃいけないの?みたいな感じに思えてくる映画だった。
私の周りは確かに変わった職業の人が多いかもしれないけど、そんなことない人生だから自分向きじゃなかった。
yukari

yukariの感想・評価

3.0
佐知子が歌ってたのハナレグミのオリビアを聴きながらだ
>|