きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価・動画配信

きみの鳥はうたえる2018年製作の映画)

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

康子

康子の感想・評価

3.8
来世は佐知子のように、眉毛が印象的な女の子に生まれたい
firefly

fireflyの感想・評価

3.7
結局こうゆうのが好きなんだと実感。このキャストだからいいんだろうなー

遊ぶのだって大変なんです。自分にもそんな時期があったかなぁ。
oji

ojiの感想・評価

3.3
もはや日常生活の本当に日常的なことしか切り取っていない。主人公3人がほとんど決まった台詞なく映ってるシーンが結構あって、自然体そのものって感じ。
3人の性格の釣り合い方も絶妙。こうした物語は、大きな出来事を介してストーリーが急展するパターンがあるが、これはほぼないと思う。
最近出始めている石橋静河がナチュラルでよいなぁと。そして安定の染谷くんの奇妙さ。あの雰囲気だけは未だ慣れない
natsumi

natsumiの感想・評価

3.5
もう石橋静河さんがきれいできれいで、という映画。
パール

パールの感想・評価

3.7
この映画はもうキャストの魅力に尽きる。

柄本佑も染谷将太も石橋静河も雰囲気があって良かった〜。

このまま楽しく居心地良く暮らしたい僕と失業中の静雄。同じ本屋で働く佐知子。

佐知子の出すサインを受け止めず静雄と何してもいいよと無関心な仮面の下で自分の気持ちと向き合わない僕と、ちゃんと向き合う静雄。

ただ楽しい日々は続かず関係は変わって行く。

男2人と女1人のちょっとこじれる映画といえば、ドランの胸騒ぎの恋人やベルトリッチのドリーマーズも好きだった。

この雰囲気ハマらない人は全くだと思うけれど私は好きだった。
macoto

macotoの感想・評価

3.7
佐知子と静雄の距離感は、画面のそこそこに散在する。
くっつきそうな予感に、僕の曖昧な態度。

最後の最後の僕の叫びと本音。
佐知子はいかに答えるのか。

エモーショナルな映画でした。
大潤

大潤の感想・評価

3.7
大人の青春映画。

大人ってめんどくさい。
どこか共感もできる自分も大人になってしまったんだなぁと感じる。
人の距離感が絶妙にリアル。

ラストが良い!
120秒は待ってみようと思う。
pon

ponの感想・評価

4.0
だらしないとエモいの間には何があるのだろうか。
共感できない所も多かったけど、雰囲気が良かった。美女に肘つんってされたら10000秒だって待っちゃうね。
富井

富井の感想・評価

-
映画だ
幸せな時間であるはずなんだけど、なんだか切ない
二度と訪れることの無い瞬間を切り取った作りもの感のない映像も凄く合ってた
みんな優しい

足立さんとても良かった
自然体の長回し
自然過ぎて少しかったるいと
感じてしまった。
>|