きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価・動画配信

きみの鳥はうたえる2018年製作の映画)

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

Sachiyo

Sachiyoの感想・評価

4.0
メイン3人の演技凄すぎ。

シーン一1つ1つ、表情もエモすぎ。
感無量。

特別3人が何か起こる訳でも
ないんだけど…
なんとも言えないエモさ。
見なきゃ分からないこの感じ。

汚い様で綺麗。
ふとした時に汚い所が
逆に綺麗で。

結果全部綺麗に見えちゃう。

柄本佑さんワイルドさが
かっこよくて
佐知子と居る時の
大人なエロさがめっちゃ良かった。

染谷将太もさすが。
ヒミズ見た時から本当に好き。
今回みたいな純粋な役柄も
ぴったりでした。

佐知子役の石橋静河さんも
綺麗で笑った顔が素敵でした。

柄本佑と石橋静河さんの
クラブでの踊るシーン
本当に良かった。

エモいし綺麗だし。

内容はそこまで濃くないのに
見入ってしまった。

何気ない幸せな日常は当たり前の様で
当たり前じゃなくて
人は失う時、
失った時に気づく。

気づいた時は遅いんだね。

ラスト見た時ふとそう思いました。
natsuki

natsukiの感想・評価

3.6
何考えてるか分からん個性的な人間と、思いやりがあって誠実で寄り添ってくれる人。惚れ込んでる顔、付き合おうとは言われない関係、人間の繊細な距離感、心の揺れ方がリアルすぎた
やまお

やまおの感想・評価

3.8
ラスト二分前、実はこいつすげぇ愛のある男だなって感じた。
なのに数数え始めるし、最後の佐知子の表情、絶対このままエンドロール行くパターンや、やめてって思った。
けど、現実はこんな感じに複雑に絡まっていくものだよな。
だからこの物語はあそこで終わらずに続くんだろう。
めいり

めいりの感想・評価

3.0
共感できちゃうシーン、見覚えのある感情や風景だらけなんだけど、全員将来性ないし、こんなものに共感できずに「きしょ」「つまんな」って吐き捨てれる側の人間になりたかった…
流行りのエモ系邦画ね、ハイハイとおもってたら
何ひとつ明示されずゆるっと進んでいくこの感じ、青みがかった画面や函館の風景も相まってずっとだらだら観てられるな
U

Uの感想・評価

3.7
何気ない始まりと終わりがリアル
適当に生きるのならば、言葉に頼らない方が生きやすい、流れ着いたところが正解で良い。ただ、表明には、理解されることのない言葉を使うほかに術がない、本当、その先に意味があるのかさえも分からないけど、inputとoutput、なんなんだろうこの生きもの。
su

suの感想・評価

4.7
三宅さんの作品のとても好き!

関係も気持ちも表示とかも曖昧。こういった曖昧な時の関係ってきっと惹かれるところが何故か少しある。あとキャスティングもあってか、自然さがとことん。

石橋静香さん綺麗〜…
ちい

ちいの感想・評価

3.8
一本めちゃくちゃあっという間に感じた。絶妙な空気感とか自然体に演じてるのは、さすがな俳優さんだからだろうなぁ、、と。
なんとなく、昭和でも令和でもなく、平成って感じがした。こういう世界も青春も知らないしこの先も経験することないんだろうなぁ、、🚬 フラフラしてるようで、かと思えば芯もあるのかなって思う不思議な感じ。

曖昧な時期とか関係って興味深いし、この人たちが何十年か経ってこの頃をどんな風に思うのかすごい気になる。あと、カメラワークが特徴的で面白かった良い 𓂃

静河ちゃんのカラオケなんだかドキドキした
sod

sodの感想・評価

-
人生はドラマではないが、シーンは急に来る
a

aの感想・評価

3.5
記録
>|