マザー!の作品情報・感想・評価

マザー!2017年製作の映画)

Mother!

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

郊外の一軒家に住む一組の夫婦、ある夜現れた不審な訪問者によって穏やかな生活が一転する。翌日も次々と現れる謎の訪問者たち、そんな招かれざる客たちを拒む素振りを見せず次々と招き入れる夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせる。 訪問者の行動は次第にエスカレートし、常軌を逸した事件が相次ぐ中、彼女は妊娠し母親になるが、そこで想像もつかない出来事が待ち受ける。すべては現実なのか?それとも彼女の妄想なのか・・・…

郊外の一軒家に住む一組の夫婦、ある夜現れた不審な訪問者によって穏やかな生活が一転する。翌日も次々と現れる謎の訪問者たち、そんな招かれざる客たちを拒む素振りを見せず次々と招き入れる夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせる。 訪問者の行動は次第にエスカレートし、常軌を逸した事件が相次ぐ中、彼女は妊娠し母親になるが、そこで想像もつかない出来事が待ち受ける。すべては現実なのか?それとも彼女の妄想なのか・・・!?

「マザー!」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.0
観ながら何?なぜに?がいっぱい、
もやもや感たっぷりでいや〜な気分しか残らない。。

妻からすると本当迷惑な話だし、客人たちの酷さが極まりない。
後半が特に酷すぎて、やってる事の意味もわからないし、観てて辛い。

ただ、ジェニファー・ローレンスにしては珍しい役柄でこれまでになく美しくてよかった!

前情報全くナシで観たけど、内容をわかってから観るのがおすすめかも。

このレビューはネタバレを含みます

最初は訪問者たちの図々しさにイライラし、夫の配慮の足りなさにもイライラし、観るのがすごく苦痛でした。
早くこいつら家から追い出してよ!ってなります。
それから殺人事件は起きるわ、妻は妊娠そして出産するわ、暴動、犯罪、謎の宗教など要素盛りだくさんすぎて置いてけぼりに。
なんだこの映画は!?ってなりつつ我慢して最後まで観たら、ああ、そういうことかと。
詳しくは解説を読まなきゃわかりませんでしたが、聖書のメタファーだったんですね。
ってか解説読まずにわかる人、なかなかいないのでは…。

母なる地球と創造主である神。
結局なんど創り直してもまた同じ結末を辿るのかな。
正直、人にはお薦めできませんが、印象に残る作品でした。
でも見返したくはない。
聖書のメタファーらしいが、鑑賞していてその構造に気づける人はいるのだろうか
KOSUKE

KOSUKEの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画ヤバい…
もぉ、何が何だか…
とにかくひっちゃかめっちゃかで頭ん中混乱状態( ;-`д´-)
エンドロールまで「???」「????」「?????」でthe end
このままだと「なんだ訳解らん映画だったな」で終わりだけど、その後解説を読んで復習してみると「あぁ、そういうことだったのね!!」と大いに納得。
そうすると、なんとまぁ凄い映画だと思えた(汗)

ぜひ、観賞後はこれ読んでみるといいと思いますよー。
http://outception.hateblo.jp/entry/movie
ぺこ

ぺこの感想・評価

1.0
理解不能
biblos

biblosの感想・評価

2.0
なんだこりゃ。いろいろと、はちゃめちゃ。
何かを伝えたい感じもあるんだけど、何を伝えたかったんだろう?!

こちらの解説を読んで少しだけわかった気がする。
http://outception.hateblo.jp/entry/movie
845cinema

845cinemaの感想・評価

3.0
加速する不条理がとことん悪夢的。不快の先にさらにもうひとつ展開があり、見応えはある。が、描かれる題材が提起でなく、結局のところ芸の肥やしになってるように感じられる。ホラーとしてならありかもしれないけど作為的。

どうしたってバイアスはかかってしまうもので、アロノフスキーでなく、女性監督のインディ映画だったらもう少し見方もできたかなとは思うけど。
アー

アーの感想・評価

5.0
ノアがコケた時になんか嫌がらせでもされたのかな
監督自らの恋愛観念とその実体験を創世記と結びつけ『ローズマリーの赤ちゃん』をぶっかけていて中々観ていて楽しかった。
夫が自分への愛よりも名声を求め振り回されるジェニファー・ローレンスはアロノフスキーの元カノであるレイチェル・ワイズか撮影中にイチャイチャしていたローレンス自身かと思われるが、その彼女の気持ちわかっているにも関わらず成長できない自分をバルデム君に演じさせるクズ男具合は好き。
でもジェニファーの振り回され方の不条理さって、映画監督の現場でのストレスと似ていて面白い。あの中盤とクライマックスの地獄めぐりは最高。不条理は人生クソ喰らえ。
結果的にはいつも通りアロノフスキーの性格の悪さが強調される結果になったけど今回は好きかな。
>|