マザー!の作品情報・感想・評価

「マザー!」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.0
観ながら何?なぜに?がいっぱい、
もやもや感たっぷりでいや〜な気分しか残らない。。

妻からすると本当迷惑な話だし、客人たちの酷さが極まりない。
後半が特に酷すぎて、やってる事の意味もわからないし、観てて辛い。

ただ、ジェニファー・ローレンスにしては珍しい役柄でこれまでになく美しくてよかった!

前情報全くナシで観たけど、内容をわかってから観るのがおすすめかも。
後半が謎過ぎる。
nem

nemの感想・評価

3.5
宗教色強めの胸糞映画。
人間がいかに醜い生き物かがすごく分かる...
YA

YAの感想・評価

3.0
めちゃくちゃイライラする
聖書ってこういう内容なんだ っていうのがわかりました。
となると、人間クソ過ぎだろ笑
いやでも実際問題俺たち相当好き勝手やってるよな…
人間意外は言葉も感情も持たないから何を思い何を考え何を感じているのかわからないけど、人になぞらえて表現したらこんなにも胸糞悪くて残酷なことしてるのかと。
とても考えさせられます。

ジェニファー・ローレンスあんなに泣かせやがって!!!
ミスティーク出て来いや!
白の人

白の人の感想・評価

3.3
ただただイライラ。夫を殴りたくなった。あんまり好きになれなかったが、嫌いでもない不思議な作品
序盤はなんでこんな普通のことしか起きていないのにホラー演出なんだろうと思いながら見ていた。いちいち振り向いたらいつの間にそこにいた!というシーンが多いので。

エドハリス登場から段々と悪夢的展開のエスカレーションが進んでいく。
外国で産みの苦しみに近い言葉があるのか分からないけど、作家の産みのの苦しみと母親が子を産む苦しみを重ねて表現しているのかと思いながら見ていた。

が、あまりにもハビエルバルデムが無法者たちを赦せ赦せ言うので、これはキリスト教的な話なんだとわかった。
実際終盤にかけて宗教的表現になっていく。

まあそんな細かいこと考えてなくても自分の家と自分の子供をやべえ奴らに無茶苦茶にされるジェットコースター的展開を見ているだけでも面白い映画だった。
かおり

かおりの感想・評価

2.0
何だこれ?
1番嫌だったのは下品で図々しい訪問者の嫁です。(後半もっとヤバイはずだけど)
色々意味があるらしいけど、本当にどうでも良かった、私には。
胸糞悪系映画です。
理解したいと思えない。
私なら速攻で荷物まとめて出て行く、何よりまず。
ハビエルバルデム出て来てラッキーって思ったけど。
スギ

スギの感想・評価

3.0
ダーレンアロノフスキーの怪奇作品。一軒の家で繰り広げられるストーリーは意味深だが膨大な世界観で観客を考えさせる。奇妙な父親は世間のダメな夫を象徴しているようにも見えるし、解説には父親は神であるというものもありもうわけわかめ。ところどころのシーンに意味があって最終的には何やらこの話は神と地球の話らしい。残酷な描写と母親に対する虐待シーンから見ても公開中止になった理由はよくわかる。だが奥深すぎて正直疲れた。解説を聞いてた時が一番楽しかった!

このレビューはネタバレを含みます

前半の不条理劇は辛かったが、中盤から家の中が"戦場"になる展開は面白かった。キリストの血と肉をガチで分け合うというビブリカルギャグは笑ってしまった。


演出0.7
人間0.8
構成0.6
驚き0.8
趣味0.7


演出=総合的な演出
人間=俳優および被写体の魅力
構成=脚本や画面の全体的な構成
驚き=斬新さ、意外さ
趣味=個人的な好き嫌いの印象
>|