マザー!の作品情報・感想・評価

「マザー!」に投稿された感想・評価

ちひろ

ちひろの感想・評価

4.0
とある夫婦の家に、いろんな人間がやってきて、妻はそれを快く思わないものの、夫はどんどん招き入れ、次第に家が崩壊していくという感じの物語。

前々から結構気になっており、ようやく見れた。
いろんな人の感想にあるように聖書について知識があると結構ストーリーを深く見ることができると思う。
私自身、西洋絵画の展覧会に頻繁に行くため絵に関係するようなキリスト教や聖書の知識しかなかったが、それでも様々なシーンで「あぁ、あの場面」を描いているんだなぁというのが読み取れた。
これから見る人は、多少なりとも、神(創造主)と母なる大地から、アダムとイブ、二人がタブーを犯す話、イエス・キリストの誕生、ノアの方舟あたりの話を少し知っておくと、メタファー的シーンがあって、それをうまく具現化しているなぁと面白く見れると思う。

また、そういう視点で見ると面白いというのはあるが、特に興味深かったのは、妻が家から離れられていないという構図が心に留まった。近年は全く違うが、古くからの日本社会だと妻が家で家事育児をするという構図があると思うが、それは見方を変えれば、夫が妻を家から離れられないようにしているとも言えて、そういう皮肉も混じっているのかなぁと感じた。
自称イクメンみたいな人は、この映画を見ると、妻や母の大変さを感じるのではないかと思った。
WOWOWで鑑賞。日本で公開中止というのを聞いて気になったけど、ホラー苦手なのでしっかりネタバレを検索してから最後まで鑑賞しました。
それでも怖いし不快。見た後しばらく気持ち悪い。変な夢も見た。笑
監督はなにも調べないで見て欲しいみたいだったけど、ネタバレ踏んでからみても十分衝撃で怖かったです。
日本で公開中止になるのも納得のシーンがあります。常に眉間にシワがよりながら見てた。知らない人まじ怖い。インターホンの音が怖くなります。
いろいろな解説を読むとあ〜なるほどな…と思うところはあるし、すごいなとも思うけどもう一度観るのは無理。出演者みんな演技が凄いんだけど、主演のジェニファーローレンスの演技が特にすごい。うますぎる。
yohey

yoheyの感想・評価

3.5
なんか…いき過ぎると恐怖に変わる。
神の領域のような…なんて言ったらいいんだろう。
地獄のような胸糞、かつ難解な宗教的テーマを扱った作品で日本公開中止も納得の過激さ。とにかく居心地の悪い展開が続き、突然のカオスから雪崩れ込む怒涛のラスト。もうヤバすぎる…。
リ

リの感想・評価

3.6
日本公開中止になったダーレンアロノフスキー監督作。
正直日本で公開中止になった意味が分からない!ふつうに面白かった!全然面白いんですけど!たいしてグロくもないし!
この監督に耐性が出来てるのかもしれないってのもあるし、アロノフスキー監督の映画ふつうに好きなんだろうな〜と実感。
ブラックスワンの次にこれが好きかも。

それほど向こうの宗教観理解できないからこそ単純に映画として面白いなと思いました。難解だと思って見たけど意外と単純、観やすかった。胸糞悪いんだと意気込んでみたけど、それもそうでもなかった。
でも家主がそこ乗るなって言ってるのに台所の流しのとこ何回も座ろうとする若者2人にはめちゃめちゃイライラした!w(そこ

そしてジェニファーローレンスがめちゃめちゃ美しい。
もう途中からここは家じゃないんだ!って思えるようになってあんまり胸糞悪くならなかったし、ラストの怒涛の展開は目が離せなかった。家こそが大地、地球(人類)のメタファーになってるのが露わになってくかんじのスッキリ感

向こうで賛否両論生むのは仕方ない。
けど、今作をフラットに見ることが出来た日本人の私からしたら、キリスト教の教義へのアンチテーゼみたいなものは特に感じなかった。
むしろ人間の業とか、本能的に生きる人間の愚かさ罪深さみたいなものの方が今作では訴えられてる気がした。
創造主の夫はさておき、母なる大地として描かれる妻(=家)の存在が主観だったし、そういう視点だけで見たらかなり分かりやすくて高度な作品だなって思った。私は好き!
カオスの中で子どもをなんとか生むシーンからは、結局女性が子どもを産むための機械でしかない的な諷刺も感じられた。お産のシーンハンパない。ジェニファーローレンスめちゃくちゃ叫んでる。リアルすぎた。てか痛がる演技がめちゃくちゃ上手いと思う。何度か、生理痛ですか?みたいな感じでめまいがして薬飲むシーン、効果音も然りリアルすぎてもはや感動した
ふわ

ふわの感想・評価

-
キリスト教、聖書の知識がほぼ無かったので、ただ気分の悪い映画に終わった。
他の方の解説やネタバレを読みつつ観ても、本当の意味での理解に至らなかった。

妻(母なる大地)にふりかかる理不尽に耐えられなかった。

このレビューはネタバレを含みます

女優さん視点のカメラワークでスタートして、普通の清々しい朝を迎えて次々と人がやってきて、自分たちの幸せの時間を返せ!と言うが、ドンドンエスカレート後半は、怒涛に始まりだしなんだこの世界観家は崩壊するし、女性は赤ちゃんが生まれるしパニクる中を良く映像の見せ方が上手い作品ですね。後半は、以下のこと考えながら見入っていました!

中東系男性は私は私(破壊神)イスラエルモサド(英国のMI6の直属の部下でスパイ活動する組織)
白人女性は再生の女神、家(子宮)あり、黄色い粉を飲み、賢者の石(ダイアモンド)世界が再生
乳幼児を生贄(クリントン財団、イエズス会率いるペドフェリアにアンドリュー王子、英国王室も関わっていた事が浮上)
家の中でそして戦争している
処刑 (戦争屋.NATO軍)
カルト(イエズス会他宗教全体がカルト)用いて洗脳
女性だけ檻の中に入れた(女性の性奴隷売買)
婦女暴行も
テロリスト、デモと操っている
文明は破壊と再生を繰り返している(今まで軍産医複合体が作り上げた黒歴史だから)

キリスト教自体悪魔崇拝のドルイド教からなる宗教を信仰する政治家が旧約聖書のユダヤ教を元に世界を破壊するように仕向けているのかdeep stateである又の名をカバール

この部分からしても、似非ユダヤ教の軍産医複合体(deep state)が行なってきている事を象徴している破壊とは戦争、そして創造は民衆を洗脳した中で文明を再生し又金儲けが出来るようにする輩

それを知られたくないが為に単館公開で一部の人しか分からない様にしてるんだ!汚い!堂々と公開すりゃいいのに隠したがる

日本のCIAのアヘ一味政治家連中もここに属して日本人の破壊をして来てるから知られたくないんでしょう。
いち早く粛清祭りが始まりますよう
訃報

訃報の感想・評価

-
意味不映画みたいに言われてるけど脚本と演出はめちゃくちゃしっかりしてる、むしろ論理的ですらあって、そこまでキリスト教詳しくなくても何が言いたいかは大体わかる。さすがのアロノフスキー。しかし突き抜けすぎ。思いついても普通やるか。納得の未公開。妊婦さんには絶対見せられない映画ナンバーワン。だが突き抜けてくれたからこそ久々に脳みそ揺さぶられる衝撃を味わえた。胸糞ではあるんだけどメタ的に見れば何言いたいのかはわかるからそこまで鬱ではない。正直噴き出してしまったところもあるし、同情なんか忘れて呆然とさせられる、ただただ作品としての完成度とパワーがすごい映画
なんだか野心的な作品でした。その全てが成功していたとは思わないけど、インパクトはありました。

このレビューはネタバレを含みます

聖書ねぇ神さまねぇ
これに関しては宗教の自由も含め私には理解できんかった、それだけ
ハビエルさんがモラハラ夫にしか見えないかったし、厚顔無恥なゲストたちにイライラさせられっぱなしだし
女性や妻・母に対して寛容であることを求めるのはアホらしい、時代錯誤と思う(だから聖書のおはなしなんだろうけど)

私の価値観と違いすぎる。しかしあんな神(父、ひいては男性)を良しとする世界は身近にあるからおそろしい。
>|