つん

ハウス・ジャック・ビルトのつんのレビュー・感想・評価

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)
4.0
映画を映画として楽しむ。という意味では、とても面白かった。
結構観終わってすぐもう一回観たい感じ。
ラース・フォン・トリアー監督の作品は臨場感に尽きると思うのだけど、あの臨場感故にだんだん世界に引き込まれていく。
さらに、トリアー監督独特の不快感を楽しむという「らしさ」が今回もきちんとあったように思います。
ところどころ、そういうものだよなぁとつい思ってしまう、謎に説得力のある持論も展開されて、全く理解できないわけじゃない自分の恐ろしさも実感しつつ、鑑賞した。
笑えるシーンは本当に当事者だと面白すぎて、仕方なかったけどあれは好みなのかなぁ?
聖書やキリスト教にもう少し詳しければ、宗教哲学も理解できたのだろうけど、まだまだわからないところがあるから、これからの楽しみにもなりそう。
監督のコメンタリーありきでディスクが出ることを祈ります。
ところで、HSPでこの映画を観た人はいるかな。
静かなシーンでも、終始不愉快な物音が聞こえてくるんだけど、それがまたものすごいストレスだった。