ハウス・ジャック・ビルトの作品情報・感想・評価

「ハウス・ジャック・ビルト」に投稿された感想・評価

まめ

まめの感想・評価

4.5
腐った倫理観で胸糞かと思いきや、強迫性障害×潔癖症だったり後半の地獄だったりがコメディにさせていた。

話が進むにつれ、次はこうだろうなっていうのが当たってだんだん予想できるようになったが、地獄からもう意味が分からなかった笑

さしこみの映像と音楽がよかった!
地下

地下の感想・評価

3.9
倫理が芸術を殺す
殺人の美学みたいな・・・

でも残念な事に途中で意識とぎれて、ただでさえ理解に苦しむ内容がますます理解不能で、何も残ってない

いつか体調整えてまた観る機会があれば再度挑戦するかも
殺しは凄かった。いつ殺すのか、どうやって殺すのかとドキドキした。
ただあれだけひっぱったフルメタル・ジャケット弾が残念。ふっとばすところ観たかった。
佃煮

佃煮の感想・評価

3.0
主人公のサイコ感はとても好きだったけれど、終わりかたで混乱した。混乱。死体の偽物感もきらいではなかったけれど、あまりドキドキはしなかった。割りきる気持ちが私には足りなかった。わたし側の問題かもしれない。
自分はまだこの監督の作品を観るには早かったかなぁ。
ただのシリアルキラーものではなくて、ちょっと。いや大分難しかった!
もっちょい鬱になってからもっかい挑戦したい!
やはりトリアーは天才
観客が席を立つのもわかる最悪な描写が続くけど
主人公は虫酸がはしるぐらいの人間です。連続殺人犯に共感できるはずもないですが…
面白かった。観ている間は不快極まりないが、トリアーの言いたいこと言ってやったで感にジワジワ不思議な爽快感と笑いが…。
正しくない現実の正しさに屈しない芸術。トリアーの完膚なきまでやりきる完璧主義っぷり。単に変態というだけなんだろうけど。鑑賞後、不快が快に切り替わる不思議。闇で光を描くってロマンチック。とりあえずちょっと長いw。
>|