ハウス・ジャック・ビルトの作品情報・感想・評価・動画配信

ハウス・ジャック・ビルト2018年製作の映画)

The House That Jack Built

上映日:2019年06月14日

製作国:

上映時間:152分

3.6

あらすじ

「ハウス・ジャック・ビルト」に投稿された感想・評価

絶対気に入らないだろうと思って観たら、意外にハマりました。サイコパスの思考回路が、幾らか分かった気がします。変な哲学や芸術論も楽しかったし、私の趣味とは違うけど、刺激的で個性的。
意外に後味さっぱり
kanato

kanatoの感想・評価

3.8
"今まで観た作品の中で一番グロい"というレビューを見かけて覚悟して観たけど、所謂スプラッター映画を観てきた人であれば特に気にしなくても良さそうなレベル。

ただの連続殺人の告白・様子を描いただけの作品じゃなく、何故か不思議とお洒落に見え、アートに感じる。分かりたくないけどジャックの感性を全否定出来ないような、そんな感覚。

一人目の女性なんて嫌な女過ぎて、やられても仕方ないのでは?と思ってしまうほどだったし、雨で血が流れるシーンも、ツイてるなぁとか、最後の冷凍庫のシーンも「急げば間に合うのでは」なんて気持ちになっていた。

「人は誰でもシリアルキラーになりえる」なんて一言が見終わった後に刺さった。自分だけでなく、きっとそんな感情になった人も多いと思う。
強迫性障害×シリアルキラーって相性悪いんだな、何度も戻ってしまう姿はもはや面白かった。

ED曲が良い!
サイコパスの殺人鬼の実態はやはりわからない。
Tたら

Tたらの感想・評価

3.7
フルメタルジャケット


シリアスと思っていたら…ん?笑っていいの?なんだか妙な可笑しさが……EDに入ってコメディだったのかと納得
Shun

Shunの感想・評価

4.0
鑑賞注意な映画です!
内容は今まで見た映画の中でもトップクラスでグロくて残酷で鬼畜でした


建築家を夢見る技師のジャック
ある事件をきっかけに、彼は殺人に芸術性を感じ、殺人を続け、殺人と芸術の世界に没頭していく


・鬼畜ジャックの美学
この映画は殺人鬼ジャックが語る5つのストーリー(+α)といった構成になっています
人々が風景や詩などに芸術性を感じるように、ジャックは殺人に芸術性を感じる人物であり、いろいろな人物をいろいろな方法で殺害
そして、死体を冷凍庫で保管するんです、、

とりあえず、ここまで聞いて嫌だなっていう人は見ない方がいいと思います
残念な殺し方、死体を弄ぶような、人間として禁忌のような悪事のオンパレード
しかも、描写もしっかりとしてます
怖いもの見たさがあって気になってた作品ですが、蓋を開けてみるとやっぱりどぎついものがありました

なかなか刺激が強くてショッキングでしたが、それに加えて面白いなと思ったのはジャックの芸術論です
彼は、建築家を夢見る上に、狩りについて、戦争について、ホロコーストについて芸術についてなど、結構いろいろな教養があります
彼の行っている殺人にも、彼なりになんかしらの理由や意味があり、聞いてるとすごいことしてるように聞こえる不思議でした
彼の論理は全部が全部わからなかったですが、ジャックはいろんなものを見たい、知りたい欲がすごい強い人物なのが分かりました

また、戦争やホロコースト、狩りなどの資料映像も不気味だし、ちょいちょい入ってくるスケッチブックを持ったジャックのカットとか、回想シーンも妙に凝ってました
緻密にジャックという人物象が作り上げられていることで、ほんとにこんなサイコパスがいるんじゃないかという恐怖もありました、、


・トラウマパラダイス
この映画、トラウマシーンがやたらと多いです
某映画祭で退場者100人も納得

最初の事件からジャックの殺人は始まり、物語が進むにつれてどんどんエスカレートしていくんですが、どれもエグいし酷い
いや、超エグいし超酷い

エンドロールに「ジャック二度と見たくない」って内容の歌が流れるんですけど、ほんとその通り
しかも、この映画は2時間半もあるから、気が滅入ります笑

何個かトラウマシーン紹介するんで、観るかどうかの判断の参考にしてくれたらと思います
ネタバレ嫌な人は気をつけてください
↓↓↓ネタバレ↓↓↓
















まずは、なんといっても、ある死体を延々と車で引きずるシーンです
車の後ろに続く血の跡
この映画の変態なとこはしっかり引きずったあとの死体も見せてくるとこです
顔が、、
これはまだまだ序の口

次は、子供の死体を笑顔に矯正するシーンです
針金?とか工具をいろいろ使って、冷凍庫で凍らせていた死体を笑顔に無理やり矯正させるんです
シーンというか、その死体が映るカットというか
いや、これがほんとにトラウマです
なんというか、見ちゃ行けないものを見てる感じがしました
あの笑顔は忘れられません

まだまだあります
あえて言ってない、もっと残酷なシーンもありますし、まだ見てない人は気になるなら観てください、、



なかなかのトラウマ映画ではありましたが、こんな残酷な展開もグロい描写も、映画だからできること
実際にこんな人物が生まれて欲しくないな、会いたくないなと思いながら観ました
自分が生きてる実感すら得られるすごい映画です

でも、怖いもの見たさで、グロいシーンを見てみたい、残酷な話を知ってみたいという感情は
もしかしたら、見たい知りたいのジャックの気持ちに少し共感できるとこなのかもしれません、、
yoyo

yoyoの感想・評価

3.6
引きずりすぎて顔ズズズーって。
ラストからどんどんイカれてく。
azzly1215

azzly1215の感想・評価

3.8
独特の世界。理解することは難しいが、犯人の何と表していいなか分からない感情が見てて面白かった。
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.1
普通の感覚なら、ED曲(レイ・チャールズ)の歌詞がこの映画を観て持つ感情を言い表していると思う。
Hit the road Jack and don't you come back no more~♪
ジャック出ていけ、もう戻ってくるな、って最後にようやくスッキリしたw
この監督にしては胸糞悪さはそこまででもないけど、わざわざそういう話拵えて映画にするから、この人のその意図もその思考もよく分からん。
ジャックの建てた家、胸糞だなあ。
Taisuke

Taisukeの感想・評価

3.8
3つ目の殺人の話はしんどかった
全体的に抽象的な話をしてるから、ハスミンみたいなサイコパスを観たい人には向いてないかも。。。
>|