YoshihiroKubo

50年後のボクたちはのYoshihiroKuboのレビュー・感想・評価

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)
3.0
ロン毛のスカジャンと、大五郎頭のアジア系にしか見えないロシア少年のバディーもののロードムービー。

「JAPAN」のスカジャン、どっかで見たなぁ。池袋か?

呼ばれない人がいるとかわいそうだから「お誕生日会禁止」って、小学生の頃あったなぁ(^^)。

ドライブのBGMがリチャード・クレイダーマンって(^^)。

2人ともキャラ立ってるし、おもしろいと言えばおもしろい。

ただ、ロードムービーって、たいていひょんなことから共に旅したふたりが、旅を通して何がしかの成長を遂げるのが普通でしょ。本作では、ただ無軌道な旅をして、何かやった気になってるだけで、なーんも成長してない気がするんだよね。ふたりの家族や背景もほとんど触れられていないしね。ロードムービーのためにロードムービーを作ったような薄い感じがするんだ。確かに90分楽しめるけど、薄っぺらい。

だいたい14の時に「50年後にまた会おう」って、64歳で再会しても見るも無残なだけだと思うよ。せいぜい10年か20年後にしとけよ。